2017.04.08 |暮らし

手厚い介護・看護体制が評判の介護付有料老人ホーム<前編>

ゆうらいふ世田谷

 作家の徳冨蘆花ゆかりの東京世田谷区・芦花公園近くの閑静な住宅街にある「ゆうらいふ世田谷」。三井住友海上ケアネット株式会社が2006年7月から運営する介護付有料老人ホームだ。周囲は緑が多く、散策するのにも最適な環境。世田谷文学館、史跡、神社仏閣も多く、落ち着いた雰囲気の街だ。徒歩圏内の千歳烏山駅の商店街には、生活に必要なお店が揃っていて、買い物にも不自由はない。

施設_ゆうらいふ1

低層の落ち着いた外観の「ゆうらいふ世田谷」

生活を向上させる手厚い介護・看護体制

 ゆうらいふ世田谷には他の高齢者向け施設から移ってくる入居者も多い。手厚い介護・看護体制を口コミで聞いたという問い合わせが入るという。移ってきた当初よりも元気になる秘密は、手厚い人員配置だ。

 機能訓練指導員として理学療法士が常勤でいるため、入居者の状態に合わせたリハビリサービスを提供することができる。リハビリの計画を作るだけではなく、実際に入居者とも接して効果を確認しながら行っているという。常勤の理学療法士の他に、非常勤の理学療法士、作業療法士もいて、専用のリハビリルームだけではなく、居室やフロアでも機能訓練ができるのだ。

「車椅子を押すことは簡単ですし、そのほうが早いこともあります。それでもその方が自分で動かせるのであれば、そうしていただいています。それも機能維持、向上に役立ちます」(ゆうらいふ世田谷総支配人<取材時>の小川克己さん、以下「」は同)

施設_ゆうらいふ2

リハビリルームではひとりひとりに合わせたプログラムが提供される

施設_ゆうらいふ3

日常生活で広い施設内を移動するのも良い運動になる

 ゆうらいふ世田谷で働いている介護士の8割は正社員だ。その正社員のうち8割近くが介護福祉士の資格を持っている。専門知識を学んだ新卒を正社員として採用し、ゆうらいふ流の研修で育てているのだ。介護業界で問題になっている離職率が低いため、入居者は顔なじみのスタッフからサービスを受けることができる。そして介護体制は、入居者1.5人に対して介護・看護スタッフ1名以上と手厚い。どのスタッフも明るく挨拶をしていたのが印象的だった。

 建物の1階には協力診療所の芦花公園クリニックと薬局がテナント入居している他、医師が各フロアを週2回定期巡回し、入居者の健康を見守ってくれる。しかも、看護師が24時間施設内に常駐しているので、何か起こった時に迅速な初期対応を受けられ、家族にとって大きな安心材料だ。

施設_ゆうらいふ4

1階に芦花公園クリニックが入居。外来も行っている

 感染症対策にも力を入れていて、洗濯も前処理をする設備を整えている。実際、かなりの猛威をふるった昨年から今年にかけてのインフルエンザも入居者の感染はなく乗り切ったとのこと。施設内で流行ってしまうと抵抗力の弱まっている高齢者は一気に身体機能が低下してしまう。集団生活をしているため、一気に広まってしまうリスクを考え、スタッフの予防、体調チェック体制も徹底しているのだという。インフルエンザの兆候があれば、即時に勤務から外れる。外部からの来訪者にも入館時にうがい、手洗い、マスクを義務付けているほどだ。

生活を彩るアクティビティと子どもとのふれあい

 ダイニングとは別にホールがあり、そこではアクティビティや作業療法が行われる。ホールにはピアノがあり、コンサートが開かれることもある。花見や七夕、お月見などの季節の行事、動物とのふれあいを楽しむアニマルセラピー、趣味の世界を広げるサークル活動…とアクティビティは多岐にわたる。

施設_ゆうらいふ6

食堂とは別に設けられているホール

 ゆうらいふ世田谷ならではのアクティビティは、芸達者なスタッフによる催し物だ。落語「初天神」を披露、バンドを組んでのコンサートなどスタッフ自ら入居者を楽しませるのだそう。スタッフ自身が楽しみながら実施しているので、入居者とのコミュニケーションも自然と生まれるという。

施設_ゆうらいふ5

この日に行われていたのは漢字の熟語パズル

 アクティビティとは別に、子どものとのふれあいが多いのも特徴だ。近くの保育園と連携しており、入居者と園児が一緒になって餅つきやハロウィンを楽しんでいる。卒園時には園児が歌を披露し、入居者から卒園記念品を渡すなど密な関係を築いているという。そんな子どもとのふれあいに喜びを感じ、楽しみにしている入居者も多いそうだ。

「中庭には近くの保育園児が来て、かけっこをしたり、鬼ごっこをしたりしています。その姿を見ているだけでも癒やされます」

施設_ゆうらいふ7

700平方メートルある中庭は一般開放されており、憩いの場になっている

 * * *

 次回、後編では入居者の好みを反映させている食事や居室について細かく紹介していく。ひとりひとりへの心配りにぜひ注目してほしい。

【データ】
施設名:ゆうらいふ世田谷
公式WEBサイト:http://www.msk-carenet.com/docs/setagaya/
所在地:東京都世田谷区粕谷2-8-5
最寄駅:京王線「芦花公園駅」徒歩10分、京王線「千歳烏山駅」徒歩12分
類型:介護付有料老人ホーム
運営主体:三井住友海上ケアネット株式会社
敷地面積:6799.70平方メートル
延床面積:7172.60平方メートル
室数:96室
入居要件:入居時要支援・要介護
構造:鉄筋コンクリート造 地上3階建
開設年月日:2006年7月1日
料金:
【1】入居一時金方式(一括払い)
65~75歳は4090万円~、76~80歳は3350万円~、81~85歳は2690万円~、86~90歳は2240万円~、91歳~は1700万円~
【2】年払い方式(毎年払い)
年齢に関わらず383万400円~
※入居一時金方式、年払い方式共に毎月324000円(内訳は管理費132840円、食費77760円、介護費用113400円)

撮影/津野貴生

【このシリーズのバックナンバー】
●コミュニケーションを重視し個別ケアに取り組む介護付有料老人ホーム<前編>
●コミュニケーションを重視し個別ケアに取り組む介護付有料老人ホーム<後編>
●手厚い「個別ケア」を実現した介護付有料老人ホーム<前編>
●手厚い「個別ケア」を実現した介護付有料老人ホーム<後編>
●自立支援介護に実績のある介護付有料老人ホーム<前編>
●自立支援介護に実績のある介護付有料老人ホーム<後編>
●元イタリアンの料理人が腕をふるう介護付有料老人ホーム<前編>
●元イタリアンの料理人が腕をふるう介護付有料老人ホーム<後編>

 

この記事が役に立ったらシェアしよう

  • facebook
  • twitter
  • google
  • b