みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

ヘルスの記事

175件(1-15件)

認知症や脳溢血、リハビリテーションなど、高齢者の病気と健康にまつわる記事が公開順に並びます。

ankomando160500212.jpg - dementia old man

2017.04.27ヘルス

色ボケはボケる?ボケる・ボケないを分ける生活…

「記憶力が衰えない人」と「物忘れが激しい人」の分け目はどこにあるのか。 『性格・環境・仕事でわかった! ボケた人・ボケなかった人』の著者で湘南長寿園病院院長のフレディ松川医師は「後…

lightwise120600108.jpg - spark of genius symbol represented by a glowing part of the central brain section showing the concept of intelligence and creativity

2017.04.26ヘルス

【認知症予防】記憶のメカニズム「記銘」「貯蔵…

 齢60を超えると、体の様々な場所が悲鳴を上げ始めるが、「脳」も例外ではない。「あれ、アイツの名前が出てこない」「何を買いに来たんだっけ?」──若い頃なら考えもしなかった物忘れに「い…

1716_ken_naoko

2017.04.25ヘルス

長生きできる骨作り 日光浴やウオーキングなど…

 年を重ねると骨がもろくなる骨粗しょう症が原因で、骨折が起きやすくなる。特に女性は、閉経後10年で骨密度は激減してしまう。ちょっとつまずいて、ちょっと転んで、が命取りになる。  骨折…

34_Q1

2017.04.24ヘルス

【週刊脳トレ】視覚による空間認識の力を鍛える…

 物忘れや注意力の低下は、高齢になるほど起こりやすくなります。そんなことを感じたら「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみることをオススメし…

猫母41_アイコン_なつかない

2017.04.23ヘルス

猫が母になつきません 第41話 「なつかない」

もうすぐ3歳になる「わび」。相変わらず母には全然なついていません。家の中ではほとんど私の部屋で過ごし、母がいる居間のほうに行くのは私がそっちにいて早く部屋に戻ってこいと呼びにくると…

alexraths160700029.jpg - female doctor explaining diagnosis to her senior patient

2017.04.21ヘルス

もしも親が認知症になったら…本人にどう告知した…

 盛岡に住む認知症の母を東京から遠距離で介護している工藤広伸さんが、自身の経験をブログで発信し、話題になっている。家族の視点で”気づいた”、”学んだ”エピソードは、介護の場で役に立つ…

1716_akagi_harue

2017.04.20ヘルス

研ナオコ、赤木春江ら芸能人にも多発する「大腿…

 私たちは350本の骨を持って生まれるが、成人すると206本になる。骨の重さは体重の約20%。最も小さい骨は耳小骨で、最も大きい骨といわれるのが大腿骨――知っていました? ちなみに骨折した…

tentou_fotoco

2017.04.19ヘルス

もしも突然、階段から落ちたら…とっさの時の正し…

 突然やってくる「もしも」の時に備え、とっさにとるべき正しい行動を身に付けたいものだ。 「階段から落ちた時、どうすべきか?」。初動の判断が生死を分ける可能性もあるため、正しい対処が…

walking3_fotoco

2017.04.18ヘルス

「認知症」「糖尿病」「高血圧」「骨そしょう症…

 健康維持のために最適な運動とされるウオーキング。血流がよくなる、脳が活性化する、体が若返る、骨粗しょうや認知症の予防、うつ病の改善…など、さまざまな健康効果が期待できるといわれて…

33_eye

2017.04.17ヘルス

【週刊脳トレ】「空間認識機能」を鍛えよう!「…

 脳の機能は考えたり計算したりすることだけでなく、視覚や聴覚で得た情報を整理するなど多岐に渡ります。脳の働きの維持や改善のために「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の…

猫母40_アイコン_ねこにこばん

2017.04.16ヘルス

猫が母になつきません 第40話 「ねこにこばん」

母のノートパソコンを買い替えました。先代は乱暴な使い方をされながらも10年間がんばってくれました。用途はネット、メール、アルバムだけなのでタブレットでも充分ですが、使い方が変わると…

gbh007130100184.jpg - active family - mother and kids wlking , running outdoor

2017.04.11ヘルス

認知症予防にも!ウオーキングで得られる4つの健…

 人類が二足歩行を始めたのは、今から約400万年前のこと。単純ながら、歩くことで人は自らの体調を保ち続けてきた。では、どう歩くと、より健康になれるのか。足を交互に前後に動かして前に進…

32_Q1

2017.04.10ヘルス

【週刊脳トレ】空間認識、類推力、統合機能のト…

 年とともに記憶力だけでなく思考をまとめる力も衰えてくるもの。そこでオススメなのが「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)です。脳を働かせて元気にして…

猫母39_アイコン_かぎ

2017.04.09ヘルス

猫が母になつきません 第39話 「かぎ」

母は一人暮らしをしている間に家の中のありとあらゆるドアに鍵をとりつけました。普段使わない部屋ならまだしも、リビングから廊下に出るドアにまで…。鍵付きの箪笥の引き出しなどもすべて施錠…

31_Q1

2017.04.03ヘルス

【週刊脳トレ】注意力・推理力・言語能力を同時…

「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)の中には、複数の機能のトレーニングになるものがあります。今回は3つの機能を一気に鍛えられる問題をやってみましょう…

最新記事

lightwise120600108.jpg - spark of genius symbol represented by a glowing part of the central brain section showing the concept of intelligence and creativity

2017.04.26ヘルス

【認知症予防】記憶のメカニズム「記銘」「貯蔵」「検索…

最新記事をさらに見る