みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

ヘルスの記事

175件(166-175件)

認知症や脳溢血、リハビリテーションなど、高齢者の病気と健康にまつわる記事が公開順に並びます。

ri01

2016.07.27ヘルス

高齢者の肺炎予防にも! 口腔ケア用品「リフレ…

 イーエヌ大塚製薬は、同社の口腔ケア「リフレケア」シリーズに、「リフレケアミスト」(口腔化粧品)を新たに加えた。「リフレケア」シリーズは2008年から、有効成分ヒノキチオールを配合し…

老婦の肩にてをかけて微笑む女性親子

2016.07.27ヘルス

抱え込みすぎず「いい加減」な介護を。認知症ケ…

 いつまでも親が元気でいてくれると思えばこそ、憎まれ口の一つも叩ける。だが、もしも親が認知症になったら――考えただけでも胸が締めつけられる事態は、決して他人事ではない。  いま、大き…

506438

2016.07.27ヘルス

代表的な認知症は3種類 アルツ型、脳血管性など…

 厚生労働省が発表した推計によると、今から10年後には65才以上の5人に1人が認知症になるとみられている。認知症には、熱や痛みをともなう病気のようにわかりやすく、はっきりした症状がある…

body_nou

2016.07.27ヘルス

脳を活性化するデュアルタスク 日常生活ででき…

 2つの作業を同時に行うことによって、みるみる脳が若返ると注目されているデュアルタスク。ただし、脳にとって、新しい作業をいきなり2種類行うのは高ハードル。 「まずは日常的に慣れた作業…

公園を散歩する老人

2016.07.27ヘルス

認知症は予防可能!? 有酸素運動や折り紙など知…

 年をとるにつれて物忘れも増え、「いつか私も認知症になるのでは」と不安を覚える人は多い。だが、最新の研究では、「認知症は予防できる」ことが明らかになってきた。  全国に約500万人い…

子猫を抱くシニア外人シニア女性

2016.07.27ヘルス

脳に刺激あり?認知症施設でアニマルセラピーが…

 職員がさまざまなケアをしてくれる介護施設は安心だが、長年親しんだご近所と離れ、ひとり施設暮らしをするのは寂しいもの。日常の会話が少なくなり、自然と心を閉ざしてしまう人も少なくな…

body_nou_bad

2016.07.27ヘルス

専門家が説明!老化と認知症のボーダーライン

 この頃増えてきた「あれっ?」と思うこと。テレビを見ていても芸能人の名前が出てこない、むしろ誰が誰か見分けがつかない、忘れないようにメモをしたのにそのメモをどこに置いたか忘れる、…

arkela150900031.jpg - dementia. abstract silhouette of human head with simbol of mental illness

2016.07.27ヘルス

2つの作業を同時に行うデュアルタスク ボケを防…

 脳の老化対策としてにわかに注目のデュアルタスク。2つの作業を同時に行えば、脳が刺激され、認知機能を維持・改善できる! 「最近、頭がぼんやりしてきた…」と思い始めたら、今すぐ挑戦を…

介護日記マンガ2_正方形アイコン_かたづけ

2016.07.26ヘルス

猫が母になつきません 第2話 「かたづけ」

歳をとると片付けが できなくなるとよく聞きますが、母はもともと片付けがかなり苦手。父が亡くなり一人暮らしになると片付けを完全に放棄、私が母と暮らすために実家に戻った とき、そこはゴ…

介護日記マンガ1_正方形アイコン_しらない

2016.07.26ヘルス

猫が母になつきません 第1話 「しらない」

母は何かなくなると、見つかるまで何度でも同じことを聞いてきます。それは聞いたことを忘れたのではなく、私が「知らない」と答えても「捨てたに違いない」と信じて疑わないので、「ほんとの…

最新記事

lightwise120600108.jpg - spark of genius symbol represented by a glowing part of the central brain section showing the concept of intelligence and creativity

2017.04.26ヘルス

【認知症予防】記憶のメカニズム「記銘」「貯蔵」「検索…

最新記事をさらに見る