2016.07.26 |暮らし    1

猫が母になつきません 第1話 「しらない」

介護日記マンガ1_しらない

母は何かなくなると、見つかるまで何度でも同じことを聞いてきます。それは聞いたことを忘れたのではなく、私が「知らない」と答えても「捨てたに違いない」と信じて疑わないので、「ほんとのことをゲロするまで何度でも聞く」というベテラン刑事のような“口撃”なのです。特徴は、1:何回目でも初めて聞くみたいに同じトーンで聞いてくる。2:時には「明日必要」などのタイムリミットをつけてくる。3:時を選ばない。慣れましたが、寝込みを襲うのだけはヤメてほしいです…。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母と暮らすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹も家族に。

次の話を読む

【この連載のバックナンバー】


第3話 「みかく」

第2話 「かたづけ」
第1話 「しらない」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. とも より:

    ぬらりんさんの漫画面白くて大好きです。
    漫画本、出版してほしいです。

    13+