2016.07.26 |暮らし   

猫が母になつきません 第2話 「かたづけ」

介護日記マンガ2_かたづけ

歳をとると片付けが できなくなるとよく聞きますが、母はもともと片付けがかなり苦手。父が亡くなり一人暮らしになると片付けを完全に放棄、私が母と暮らすために実家に戻った とき、そこはゴミ屋敷と化していました。とにかく使ったものはもとに戻さず、開けた扉は閉めません。私のきれい好きを知る友人たちにそのことを話しても信 じてもらえないので掃除前の部屋を写真に撮って見せるのですが、その年齢を感じさせないエネルギッシュな散らかしぶりは「男子高校生の部屋みたい」と評さ れています。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母と暮らすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹も家族に。

前の話を読む  ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】


第3話 「みかく」

第2話 「かたづけ」
第1話 「しらない」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。