2018.08.20 |ヘルス   

【週刊脳トレ】ルート探索することで脳の元気がアップ!「迷路」

 物忘れや思考力の低下を改善したいと思っても、何をしたらいいのかわからない…。そんな人には「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をオススメします! 脳のさまざまな機能を鍛えなおしてくれます。

 脳は何かを考えるだけで血流がアップし、情報を伝達する物質の流れまで改善してきます。また、脳に存在する神経細胞も強化されていくことがわかっています。とにかく脳を働かせることが、認知症の予防やMCI(軽度認知障害)の改善につながっていくのです。

 今回は「迷路」をやってみましょう。「実行機能」と「探索機能」という脳の機能を使うトレーニングです。実行機能は、目標に向かって物事を成し遂げようとするときに使われ、探索機能は道順を探り当てる能力に関係します。

脳トレをやろう!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。