2018.10.14 |暮らし    2

猫が母になつきません 第118話 「こっせつ_その後」 

年明け早々に右足のかかとを骨折して今はもう秋…まだ痛みはありますが、おかげさまで普通に歩けるまでになりました。しかし衰えとは恐ろしいもので、普通に筋肉を使えていなかった右のふくらはぎは細く、なんとお尻は右半分だけ5センチくらいたるんでいます! かかととお尻は遠くて関係ないような気がしますよね。しかし現在私のお尻ははっきりと左右非対称。そういえば、ヒトは一枚皮だから体がたるめば顔もたるむのだという話を聞いたことがあります。もしかしたら顔も…これはもう一刻も早く筋トレを! しかし動きだす前にぐずぐずと本や雑誌を見たりネットで運動用具を探したり、実際に筋トレ始めるまでに時間のかかること。筋肉のみならず行動力にも衰えが…心のリハビリも必要そうです。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

この連載の一覧へ!

第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」
第12話 「こっせつ その3」
第13話 「カルシウム」
第14話 「バイリンガル」
第15話 「すれちがい」
第16話 「ひとりじめ」
第17話 「かたおもい」
第18話 「ながでんわ」
第19話 「なぜここに」
第20話 「メメントモリ」
第21話 「きかない」
第22話 「スイートコーン」
第23話 「モシモシ?」
第24話 「いる!」
第25話 「ねがいごと」
第26話 「でまかせ」
第27話 「あかない」
第28話 「けいたいしない」
第29話 「できる」
第30話 「かくしんもてない」
第31話 「かくしんもって」
第32話 「こぐんふんとう」
第33話 「おさつ」
第34話 「しめる」
第35話 「ねむれない夜」
第36話 「怪談」
第37話 「そうじ」
第38話 「タイマー」
第39話 「かぎ」
第40話 「ねこにこばん」
第41話 「なつかない」
第42話 「けさないで」
第43話 「ふとん」
第44話 「さび」
第45話 「じかせい」
第46話 「おなかすいた」
第47話 「茶トラ」
第48話 「かえして」
第49話 「むかで」
第50話 「むかで─猫の場合─」
第51話 「今年もうめぼし」
第52話 「わびのごはん」
第53話 「ほんやく」
第54話 「さびのブラッシング」
第55話 「がいしょく」
第56話 「しょうじ」
第57話 「こけ」
第58話 「だかれる」
第59話 「茶トラ-その後」
第60話 「もちかえる」
第61話 「ひとりあそび」
第62話 「ハマる」
第63話 「ひみつへいき」
第64話 「にそくほこう」
第65話 「おどかしたい」
第66話 「やめない」
第67話 「かいたい」
第68話 「ねむりたい」
第69話 「あまもり」
第70話 「さびのごはん」
第71話 「うちまちがい」
第72話 「おなじです」
第73話 「ひっつき虫」
第74話 「あそんであそんで」
第75話 「ぶっとばす」

第76話 「メリークリスマス」

第77話 「おとしだま」
第78話 「ぶっとばしてみた」
第79話 「やっちまった」
第80話 「にげられる」
第81話 「むしして」
第82話 「ストレスはっさん」
第83話 「毎日アクロバット」
第84話 「しはんせいき」
第85話 「せいする」
第86話 「やぶる」
第87話 「ひじょうじ」
第88話 「つかえる」
第89話 「あける」
第90話 「立つ」
第91話 「はる」
第92話 「ちらかす」
第93話 「グルーミング」
第94話 「とまる」
第95話 「るーてぃーん」
第96話 「つかまえる」
第97話 「季節のめぐみ」
第98話 「しゃしん」
第99話 「ゆめ」
第100話 「続・今年もうめぼし」
第101話 「まだまだうめぼし」
第102話 「ゆずれない」
第103話 「ストップ再利用」
第104話「きづかれる」
第105話「いま?」
第106話「あっというま」
第107話「のまない」
第108話「つけない」
第109話「つかない」
第110話「ドライブスルー」
第111話「るすでん」
第112話「リフォーム」
第113話 「かいかえる」
第114話「ピンク!」
第115話「足元注意」
第116話「にらまれる」
第117話「さがしもの」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  2

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. せごどん より:

    どんどん垂れさがるお腹とおしり…涙
    明日から、明日からといっていたらもう今年も終わりそうです( ;∀;)

    10+

  2. イチロウ より:

    脚の骨折後のリハビリなり、筋トレには特段のものは何も要りません。 

    ひたすら歩くことです。 私が現役時代の終わり頃に足首を骨折した時のリハビリ期に外科の先生が言われたことです。 毎日、歩いて下さい、と。 

    歩くことなら得意なので、毎日、コースと時間を決めて歩きました。 最初は杖を持って、次は、時間を決めて、その次には長距離を歩きました。 

    是が非でも歩くために、日々の買い物をするスーパーを遠距離にある処にして、毎日、歩きました。 

    若い頃からの趣味の一つがトレッキングですので、市街地を歩くのには興味が無かったのですが、仕方がありません。 一駅離れた処まで日々歩きました。

    最初は怖かったです。 国道筋で歩道の舗装が荒れている箇所があり、足が強張りバランスを崩しましたが、無理せずにそのまま倒れて受け身をとったこともあります。 その昔に習った合気道の受け身ですが、体が忘れずにいました。 

    最初は、やはり杖をお持ちになり、歩くことから始められては如何でしょうか。 普通の杖では無くて、ウオーキング用の頑丈なものが良いと思います。 登山等に使うものです。 アウトドア用品店で売っているのがそうです。 高齢者用のものは、軽くて華奢に出来ていますので却って危ないのです。

    心のリハビリは、猫さん、です。 私も自分に言い聞かせていましたし、今でもそうしています。 飼い主がしっかりとしないと猫が困る、猫は飼い主を頼りにしている、と。 

    2+