2018.11.02 |暮らし    1

85才、一人暮らし。ああ、快適なり 【第31回 七転び八起き】

 85才にして、あえて一人暮らしを続ける矢崎氏泰久氏は、かの伝説の雑誌『話の特集』の編集長を創刊から30年にわたり務めた経歴の持ち主だ。

 現在も、ジャーナリストとして新聞、雑誌などに執筆、講演などでも活躍する傍ら、炊事、掃除、洗濯も自ら行う多忙の日々を過ごしているのだが、先日、体調に大きな異変が起きたという。

 大事に至るようなハプニングを乗り越えた矢崎氏に、事の顛末、近況、暮らしの心構えなどを臨場感たっぷりに綴っていただいた。

 悠々自適独居生活の極意ここにあり。必見だ。

お気に入りの煙草は売り場が少ない銘柄のため電車に乗って買いにでかける

 * * *

駅のホームで突然気を失った!

 我が盟友・故永六輔は、よく転んだ。それも所かまわずに転ぶ。街角、旅先、家の中。
 
 捻挫、骨折をのべつ繰り返した。

 パーキンソン病とわかったのは、亡くなる5年ほど前のことだった。あんまりコロコロ転ぶので、ある日、覚悟して精密検査を受けたのである。

 人生は確かに七転び八起きではあるが、肉体的に転ぶのは怪我になる。怪我の功名などと笑ってばかりはいられない。

 恐ろしいのは、突然、意識を失って転ぶ、いや、転倒する事態だ。永さんはそれをやって週に2度救急車で病院へ運ばれたこともあった。

 さる、10月1日の夕方、私は渋谷の井の頭線ホームで気を失って倒れた。

 頭、腰、膝などを打撲したのだが、気が付いた時には駅のベッドに寝ていた。

 どのくらいの時間が経過していたのか不明だったが、駅員の方が私を覗き込んで「救急車を呼びますか?それとも、どこかへ連絡されますか?」と意識の戻った私を覗き込んで言っていた。

 私が覚えていたのは、ホームで電車を並んで待っていたところ、大地震が起きたかのように脚が揺れ始めた。つぎの瞬間脱力して、バッタリ倒れたのである。

 そこまでしか覚えていなかった。気付いたらベッドに寝かされていたのだった。

 携帯(ケイタイ)をポケットから取り出し、友人の医師に電話をかけた。私にとって、日頃から世話になっている主治医でもある。

 すぐに、U先生が出てくれた。

 事情を話すと、「タクシーに乗せて貰って、私の病院へ直行して下さい」と言う。

 渋谷から病院のある高井戸までは、早ければ30分で行ける。車椅子に乗せて貰い、無事タクシーに乗ることが出来た。とても親切に扱ってもらい、駅員の方々には心から感謝した。事故の対応も素晴らしかった。感謝感謝!

 やや渋滞していて、45分程で病院到着した。閉館時間だったが、スタッフ全員で待っていてくださったのだ。

 血圧280、白血球は1万を超えており、U先生の診断では「一過性脳虚血発作」ということだった。早速手当を施していただく。

 人間は脳発作では後ろへ、心臓発作なら前へ倒れるという。このことは、前から知っていた。もし、心臓だったら、ホームから転落していただろう。直前に電車が入ってきていた。まったく一寸先は闇である。

 家で安静にして、様子を見ることになってホッとした。入院などということにいなったら、たちまち日常が崩れる。

 ま、不幸中の幸いだったと駅員の方々、そして安全運転してくださったタクシー・ドライバー、むろんU先生に感謝しつつ、自室ベッドに横たわって数日安静に過ごした。

頼れる医者を友人に持ちなさい

コーヒー、煙草は必需品

 煙草とコーヒー豆と食材を買い出しに渋谷へ行ったのだが、街も売り場も夕方とあって大混雑していた。原因はストレス以外に考えられないのだが、その大きな理由のひとつは、その日から値上げされた煙草の値段だったのかも知れない。

 戦時中からずっと、今も変わらず武器弾薬を補充するために、国家は煙草を値上げする。イージス・アショアやオスプレイの為にスモーカーばかりが、何故酷い目に合うのか! そう、とても腹立ったことが、アタマに血が上った理由だったに違い。

 それはさておき、私が心からお勧めしたいことは、何かの時に電話口に直接出てくれる主治医を持ちなさいとうことである。

 いきなり救急車で見知らぬ病院へ運ばれ、手当を受けることは、思ったよりも大きなリスクを伴う。

 実際に、のべつ転んでいた頃の永さんは、その被害を受けていた。ことに彼の場合は有名人でもあったので、たちまちメディアに知られ、他の病気についてのプライバシーを流されてしまっている。

 つまり、大病院の医師ではなく、いわゆる町医者(小さな開業医)であってもいいから、親しい医師を知っていれば、突然病気になっても適切なアドバイスを受けることができる。

 最も怖いのは、自分だけの判断で勝手に行動してしまうことだと思う。

 肉体的な異変が起きることを習慣化させてしまうことも良くないし、まして素人の知恵で、病気を拡大することだってある。

 病院嫌い医者嫌いも、年齢と共に寛容になることが大切だと、私のような野蛮人にもようやくわかった。

 頼れる医師を友人にもつ。つまり、主治医と言える大げさな存在でなくても、気楽に付き合ってくれる医師を探しておくことは、老人や幼子(おさなご)にとっては、必須条件ではないだろうか。

 昨今は二人に一人がガンになる。だからと言って、のべつ不安に思っていたのでは、うっかりすると詐欺に引っかからないとも限らない。

 ノーベル賞の先生が、オプジーボが有効な人は20%だといっているのに、マスコミは万能薬扱いしている。もって銘するべきではあるまいか。

FullSizeRender

 

矢崎泰久(やざきやすひさ)

1933年、東京生まれ。フリージャーナリスト。新聞記者を経て『話の特集』を創刊。30年にわたり編集長を務める。テレビ、ラジオの世界でもプロデューサーとしても活躍。永六輔氏、中山千夏らと開講した「学校ごっこ」も話題に。現在も『週刊金曜日』などで雑誌に連載をもつ傍ら、「ジャーナリズムの歴史を考える」をテーマにした「泰久塾」を開き、若手編集者などに教えている。著書に『永六輔の伝言 僕が愛した「芸と反骨」 』『「話の特集」と仲間たち』『口きかん―わが心の菊池寛』『句々快々―「話の特集句会」交遊録』『人生は喜劇だ』『あの人がいた』など。

撮影:小山茜(こやまあかね)

写真家。国内外で幅広く活躍。海外では、『芸術創造賞』『造形芸術文化賞』(いずれもモナコ文化庁授与)など多数の賞を受賞。「常識にとらわれないやり方」をモットーに多岐にわたる撮影活動を行っている。

【このシリーズの記事を読む】

第1回 そもそものはじまり
第2回 老いはするが老人にはならぬ
第3回 自由って何だろう
第4回 おいしい生活
第5回 通院の帰り道
第6回 好色のすすめ
第7回 夢の続き
第8回 耽るということ
第9回 テレビの功罪
第10回 遊び
第11回 ギャンブル好き
第12回 便利は復讐する
第13回 老作家が描くエロスの凄み
第14回 スマホって何だろう
第15回 不倫スキャンダル
第16回 明治維新と向き合う
第17回 無駄遣い
第18回 ラブレター
第19回 老いらくの恋
第20回 料理人(シェフ)はアーチスト
第21回 エロティシズム礼賛

第22回 泰久塾縁起
第23回 養老院(ホーム)探訪記
第24回 老スモーカーの独白
第25回 トルとドス
第26回 さらば友よ
第27回 油断大敵
第28回 妄想のタイムラグ
第29回 甘えは怖い
第30回 貯金嫌い

●樹木希林さんも… 高齢女性が恐れるべき「死を招く骨折」とは

●永六輔さんの「魔法の言葉」 ”本当の姿”追った孫が解説

●黒柳徹子実践の健康法「ご飯3膳半」、糖質摂りすぎ大丈夫?

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. イチロウ より:

    「一過性脳虚血発作」は、脳梗塞の前触れ、と医師には理解されていますし、事実、発作以後には、脳梗塞になる率が高いので警戒が必要でしょう。 

    医師は、反血液凝固剤を処方されることが多い、と聞きますが、自身でも食事内容に注意して油脂や甘味を制限し、血管内を掃除するべく食養生をしなければならない、と聞きます。

    私自身は、網膜の血管が詰まり、閉塞部から出血する病、即ち、「網膜静脈動脈分枝閉塞症」になり、大学病院での精密検査から診療方針を立てて頂きまして、治療は三年間を過ぎ、視力が戻りつつありますが、油断して飲酒等をすると、すぐさま再出血します。

    今のところは、網膜ですが、この血管の病は、何時、脳内でも起こるかが分かりません。 

    心臓の血管が閉塞すれば心筋梗塞、脳で閉塞すれば脳梗塞、眼で詰まれば静脈や動脈の閉塞症、となります。

    私自身は、一時的な薬剤の投与では根本的な治療にはならない、と思いまして、食養生を徹底するべく努めているのですが、一に断酒、二に断油脂、三に断砂糖、等と挙げますと、徹底するのが難しいので困ります。

    しかし、食養生の結果、視力が戻りつつあり、歯科でも結石が減少しつつある、と言われ、高血圧も一時よりは下がり、と良いことが続きますので、対症療法の薬剤服用のみよりは、体調管理に食養生の効用は確か、と思われます。

    今後も自身の体を使い食養生の効果を測定したいもの、と考えています。

    4+