2018.11.25 |   

優木まおみのスンドゥブチゲなど芸能人たちの「うちの健康鍋」レシピ

 芸能人たちの元気のヒミツ、冬を乗り切る栄養満点レシピ、アイデアを大公開! 

 キングオブ冬メニュー“鍋”。今年は「食べたら絶対、元気になる!」と、太鼓判を押す健康レシピを集めました。こだわり満載、ひと冬使えますよ!

藤岡弘、(72才)の「じゃこ天あんこう鍋」

キッチンで調理をしている藤岡弘、

俳優・武道家。初代『仮面ライダー』を演じ人気に。有機栽培にこだわったコーヒーのプロデュースや難民支援活動なども行う

 調理師免許を持つほど料理上手な藤岡さんのレシピは、いつも具だくさんで豪快だという。

「特大サイズの鍋を大人数で囲むのが、何より楽しい時間だね」。おいしさの秘訣は?と聞くと「地元、愛媛のじゃこ天だよ」と即答。「子どもの頃からだしを取るときは、たっぷりのじゃこ天を煮込むのが定番。カルシウムもたんぱく質も豊富で、成長期にはもってこいの食材なんだよね」。

じゃこ天あんこう鍋の完成品

じゃこ天から出るだしとあんこうの旨みは相性バツグン!

じゃこ天を入れた鍋を前に笑顔の藤岡弘、

初代仮面ライダーの体はじゃこ天でできている!

●材料

あんこう…400g あん肝…50g 干ししいたけ…6枚(水5カップで戻す) 昆布…10㎝ じゃこ天…5枚 まいたけ・しめじ…各1袋 えのきたけ…1/2袋 ごぼう…1/2本 にんじん…1本 厚揚げ…1枚 こんにゃく…1枚 玉ねぎ…1個 はるさめ…50g 白菜…1/4株 長ねぎ…1本 ぽん酢・万能ねぎ…各適量

●作り方 

【1】鍋に干ししいたけを戻しただし汁、3㎝角に切った昆布を入れて沸かす。野菜、きのこは食べやすく切る。
【2】アクをとり、3㎝幅に切ったじゃこ天を入れ、かき混ぜながらだしを出す。
【3】あんこう、あん肝、戻した干ししいたけ、まいたけ、しめじ、えのき、ごぼうを入れる。
【4】にんじん、厚揚げ、こんにゃく、玉ねぎ、戻したはるさめを入れる。
【5】白菜、長ねぎを入れる。
【6】野菜が軟らかくなったらぽん酢、万能ねぎ(小口切り)をつけながら食べる。

●Point

 じゃこ天やきのこなど、だしの出る食材から入れ、葉野菜はさっと火を通す程度に。あんこうの身は崩れやすいのでやさしく扱う。

たくさんの短冊切りされたじゃこ天が鍋に入っている

翌日の雑炊もおいしいぞ~

手を合わせていただきますのポーズをする藤岡弘、

食材に感謝して、いただきます!

鍋にあんこうが入っている

お肌にもいいぞ~

優木まおみ(38才)の「スンドゥブチゲ」

優木まおみの顔写真

モデル・タレント。レギュラー番組『すくすく子育て』(Eテレ)など情報番組のMC、コメンテーターとしても活躍する

「野菜を摂りたいときや、夫が早く帰って来て家族全員が揃うときは、皆で鍋を囲みます。この鍋のポイントは、帆立缶。味に深みが出るんです。夫婦で辛いものが好きなので、子どもの分を取り分けてから、辛味を加えて食べています」

チーズが入ったスンドゥプチゲ鍋

こく旨キムチスープがとろけるチーズでマイルドに

●材料

豚バラ薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)…100g 白菜…3枚 にら…1/2束 長ねぎ…1/4本 しめじ…50g キムチ…50g 豆腐…1丁 卵…2個 ピザ用チーズ…適量 ご飯・納豆…各適量
【A】帆立水煮缶…1缶 おろしにんにく…1片分 一味唐辛子・塩…各少量 コチュジャン・しょうゆ・砂糖・ごま油…各大さじ1と1/2 水…2カップ

●作り方

【1】肉、野菜、きのこは食べやすく切る。豆腐は一口大に切る。
【2】鍋にAを煮立て、1とキムチを入れて野菜が軟らかくなるまで煮る。
【3】卵、チーズをのせ、ふたをしてチーズが溶けるまで加熱する。

納豆雑炊が器に入っている

シメはコレ!

 シメもヘルシーに納豆雑炊。チーズと納豆のまろやかさが、キムチの辛みに絶妙にマッチ。

かまいたち 濱家隆一(35才)の「豆乳しゃぶしゃぶ」

かまいたち浜家隆一の顔写真

2004年に山内健司とお笑いコンビを結成。『キングオブコント2017』で優勝。趣味は野球と料理

「この鍋は初めて奥さんを家に呼んだときに作った、思い出の料理なんです。前の晩からだしを仕込んで、気合を入れて作ったら、すごく喜んでくれました。僕、料理は基本的にかっこつけなんで、今でも奥さんにめっちゃ凝ったお弁当を作ったりするんですよ」

豆乳鍋にしゃぶしゃぶの肉をくぐらせている

細切りにした山盛りの薬味を巻きながら食べて!

●材料

豚バラ薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)…300g レタス・ほうれん草・えのきたけ…各適量 豆腐…1丁
【A】あごだし…1パック 昆布…5㎝角 豆乳…1カップ 水…2カップ
【B】長ねぎ・みょうが・めんつゆ・野菜だし…各適量

●作り方

【1】長ねぎは白髪ねぎにする。みょうがは千切りにする。野菜、きのこ、豆腐は食べやすく切る。
【2】鍋にAの水、昆布を入れて浸けておく。あごだしを加えて火にかけ、煮立ったら昆布を出し、豆乳を加える。
【3】豆腐、野菜を入れ、豚肉をくぐらせながら火を通す。
【4】器にBの薬味だれの材料を適量入れ、野菜を肉で巻きながら食べる。

細切り野菜を肉で巻いて、たれにつけている

『茅乃舎』の野菜だしと『創味のつゆ』を合わせ、細切りのねぎとみょうがを巻いて食べるのがおすすめ

撮影/玉井幹郎、菅井淳子

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

●【介護食】【やわらか食】金沢の郷土料理「鶏肉の治部煮」動画レシピ

成人病対策、がん予防にも期待!きのこを使った絶品レシピ10

●医者が教える長生きする食事術 簡単で健康なご飯のレシピ5品

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。