2019.01.06 |   

毎日肉を食べて!「新型栄養失調」を予防する【豚肉レシピ】 

「太るから」「病気になりやすいから」と肉食を避けている人も多いが、実は、年齢を重ねるごとに肉を控える食事は老化を早め、「新型栄養失調」を招くという研究結果が!

 毎日の食生活に手軽に肉を取り入れるためにはどうしたらいいのだろうか? 保存もできる、食べやすい豚肉の献立を紹介する。

豚肉

肉を積極的に食べる人の方が老化が遅い!?(写真/アフロ)

肉を食べる人ほど老化速度が遅い

 長寿国日本。しかしそれは、長い老後を老いと向き合って生きることである。日本で初めて【老化を遅らせるための食生活指針】を発表した人間総合科学大学教授の熊谷修さんは、老化と動物性たんぱく質との関係をこう話す。

「私たちが行った介入研究(対象者の生活に介入してデータをとる研究)では、肉を積極的に生活に取り入れた、たんぱく質状態のいい人ほど、筋肉、骨格がしっかりしていて老化速度が遅いというデータを得ました。具体的には、たんぱく質内の約60%を占める“血清アルブミン”の値が指標になります。

 たんぱく質不足で血清アルブミンの値が低いグループは『新型栄養失調』と呼ばれ、栄養不足で心臓病等が発病しやすいというデータも出ています。特に女性は、男性より老化しやすいが変化に気付きにくい。肌、筋肉、骨などの老化が加速する閉経前後からは、動物性たんぱく質を積極的に摂ることをおすすめします」

肉の調理法を考えることは、脳への良い刺激

 同じたんぱく質でも、植物性より動物性のほうが筋肉になりやすい。ダイエットを気にして肉を摂らないと、老化に拍車がかかり、寝たきりになる恐れもあるので要注意だ。

「もちろん多様な食品群をバランスよく食べることも大切ですが、特に肉は、生で食べられないからこそ、焼いたり、煮たり、いろいろな調理法を考えますよね。これも老化防止として、脳への良い刺激になるんですよ」(熊谷さん)

 そこで、豚肉を使った献立を2つご紹介。

豚ステーキのバルサミコハニーソース

豚ステーキのバルサミコハニーソース

【1】じゃがいも1個は皮ごと6等分し、ラップに包んで電子レンジで約2分加熱する。いんげん4本は食べやすい長さに切る。

【2】フライパンにオリーブオイル適量を熱し、片栗粉適量をまぶした一口ロース2枚分を両面焼く。

【3】じゃがいも、いんげん、ミニトマト4個も一緒に焼き、塩、こしょう少量で調味し、皿に盛る。

【4】2のフライパンにバルサミコ酢(またはレモン汁)、はちみつ各大さじ3を入れて火にかけ、トロッとなるまで煮詰めたら3にかける。

【豚ロースの保存法】

 豚ロースは、食べやすい“一口ロース”で保存しよう。

 保存期間は冷蔵庫で2~3日。豚ロース肉4枚は筋を切り、一口大にカットする。酒大さじ2をかけ、ジッパー付き保存袋に入れて冷蔵庫で保存する。

やみつき!シャキシャキ回鍋肉

シャキシャキ回鍋肉

【1】キャベツ4~5枚はざく切りにし、長ねぎ1/3本は斜め切り、ピーマン2個は種を取って乱切りにする。

【2】フライパンにごま油小さじ1/2と、スライスしたにんにく・しょうが各1片、豆板醤小さじ1/2を熱し、1の野菜を炒め、ゆで豚120gを加えてさらに炒める。しょうゆ大さじ1、みそ大さじ1と1/2、砂糖と酒各大さじ1/2をよく混ぜ合わせ、鍋肌から回し入れ、全体に炒めあわせる。

【豚小間の保存法】

  豚小間は、さっと使える“ゆで豚”で保存を。

 保存期間は冷蔵庫で4~5日。鍋に水1.5リットル、酒大さじ2、鶏がらスープの素小さじ1を入れ、沸騰したら豚小間肉500gを入れ、1分ほど煮たら火を止めて汁ごと冷まし、冷蔵庫で保存する。

※初出:女性セブン

●ブームの【さば缶】で認知症予防!すぐ作りたくなるレシピ

●米寿過ぎても現役な人は何を食べてる? 健康長寿の食生活

●認知症の予防になる4つの栄養成分が摂れる身近な食材って?

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。