2019.01.11 |   

子供からお年寄りまで!家族みんなで楽しめる料理【レシピ動画】【新しい介護食】

 見た目も美しく、美味しい!これが介護食!?と驚きの声が上がる、そんな料理のレシピをわかりやすい動画でご紹介。家族みんなで楽しめるメニューばかりです。

【紹介するレシピ動画】

1:やわわらかハンバーグ

2:お好み焼き

3:かに玉 甘酢あんかけ

4:白身魚のグラタン

5:ほうとう

「やわらかハンバーグ」

 お肉は噛みにくく、飲み込めない…。介護食だから…とあきらめていた食材も、工夫次第で舌でつぶせるやわらかさになります。

→詳しいレシピはこちらをクリック

「お好み焼き」

 家族みんなで楽しめる人気料理の介護食バージョンです。香ばしく焼いたふんわり生地と、豚肉が口の中でほろほろと崩れます。ソースのコクと甘みで満足感がUP!

→詳しいレシピはこちらをクリック

「かに玉 甘酢あんかけ」

 卵がムースのようなふんわりとした食感に!舌でつぶせるやわらかです。

→詳しいレシピはこちらをクリック

「白身魚のグラタン」

 ふんわりやわらかな白身魚とクリーミーなソースが絶妙な組み合わせ!

→詳しいレシピはこちらをクリック

「ほうとう」

 根菜をやわらかく、和風だしで甘みが際立ちます。

→詳しいレシピはこちらをクリック

レシピ提供/『Kamulier(カムリエ)』 動画撮影/櫻井健司

 レシピを教えてくれたのは、コンセプトカフェ『kamulier』。噛むことや飲み込むことに不安がある人も安心して食べられる喉ごし、食感にこだわった絶品レシピを考案、料理教室などで紹介してます。

※『Kamulier』で定期的に開催されるワークショップやイベント、料理教室は、どなたでも参加ができます。

●1月12日(土)は、嚥下調整食セミナー「あなたは『ゲル化剤』『とろみ調整剤』の違いがわかりますか」を開催します。
●1月19日(土)は、はじめての男の介護食・料理教室「スターターキットを使ってみよう」を開催します。
●1月26日(土)は、介護食料理教室「レトルトを使って美味しく簡単に介護食」を開催します。
●2月9日(土)は、介護食料理教室「タンドリーチキンと人参ムース」を開催します。
●2月21日(土)は介護食料理教室「タンドリーチキンと人参ムース」を開催します。

参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。
詳しくはhttp://www.kamulier.com/shopbrand/ct63/

『Kamulier(カムリエ)』は歯科の医療機器メーカー『ジーシー』がプロデュースしており、東京・御茶ノ水、順天堂大学医学部附属順天堂医院裏手にあります。店舗では、スーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が介護食向けに考案したケーキなどが味わえるカフェとして(ケーキはテイクアウトや地方発送もあり)利用できる他、介護の「口から食べること」に関わる商品の販売があり、管理栄養士や歯科衛生士など常駐する専門家から、アドバイスも受けられます。

【データ】
Kamulier(カムリエ)
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
ウェブサイト:http://www.kamulier-gc.jp

●誤嚥を防ぐ食べ物の「とろみ」正しいつけ方【介護食の基本】

●10分でパパッと介護食作り 市販品のアレンジで栄養満点「グラタン」

●とろーり黒蜜きな粉を贅沢に!「やわらか信玄餅」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。