2019.02.06 |ヘルス   

TRFのSAMが考案「ダレデモダンス」認知症、骨折予防になると話題!その誕生秘話

 健康長寿は誰もが望むことだろう。介護されずにいつまでも元気でいるための方法はさまざま紹介されているが、今、高齢者にも人気の新エクササイズが今、話題になっている。

「教室を開けば、2歳児からシニア世代まで幅広い世代が参加」
「前は100mくらいしか歩けなかったけど、今は10キロ歩くようになった」
「振りを覚えるのが頭にいいかなと」

 と実践した人達から大好評のこのエクササイズ、考案したのは、あのTRFのSAM(サム)さんだ。

 このエクササイズは『ダレデモダンス』という。”ダンスを使って誰でも元気になってもらいたい”とのSAMさんの思いを込めたネーミングだ。

 2月6日(水)に放送されるバラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系、毎週水曜日22時放送)では、SAMさんが登場、TRFのダンサーらとその名曲にのって簡単ダンスを披露、梅沢富美男さんら出演者たちも一緒にそのダンスに挑戦する。

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」番組でのシーン。出演者がダンスを踊る

(C)フジテレビ

2年の年月をかけて開発したSAMの思い

 期待できる主な効果は、以下の3つ。

・認知症予防

・肩こり

・転倒予防

 現在57才になったというSAMさんが2年の年月をかけて完成させたものだが、開発にはある理由があったと語り、SAMさんと一緒に開発に携わった医師の丸山泰幸氏を紹介する。

SAMさんと丸山医師

(C)フジテレビ

「実は、彼はいとこであり、高校の後輩」とSAMさん。

 SAMさんの実家は埼玉県で設立68年を迎える丸山総合病院を経営しており、父はもちろん、男兄弟は全員医師というまさに医者一族。当然SAMさんも幼い頃から医師になることを期待されていたものの、ひとりダンサーになったが、医師になれなかったことにどこか劣等感を感じていたと告白。

 そもそも、SAMさんのイベントを見に来た丸山氏が、イベントで高齢者がいっぱい楽しそうに踊っている様子に衝撃を受け、リハビリにいけるんじゃないかと確信し、SAMさんに相談したことがきっかけとなり、「ダンスを使えば自分も医療の役にい立てる」と思ったSAMさんと健康エクササイズの開発を始めたのだという。

 そこから2年間を費やし、高齢者でも負荷がかかり過ぎることなく効果が出るエクササイズの強度を研究した。

「考えて踊るところもあるので、記憶力がよくなったとか、ジャンプで骨密度を上げるので骨折の予防になったとか、そういったデータを取りながら開発、完成した」と語る。

 番組では、以下の3つのエクササイズを紹介。

【1】認知症予防に!「簡単ジグザグステップ」

【2】肩こり解消に!「取りに行ってエクササイズ」

【3】転倒防止にオススメ!足タッチ

 TRFの曲に合わせて一緒に踊る梅沢富美男さん他の出演者らが、Tシャツ姿で頑張る姿は必見だ!

 ダンス未経験の人でもできるように工夫されたメソッドなので、まさに”誰でも”挑戦できる『ダレデモダンス』。早速、あなたも挑戦してみては?

【データ】

『梅沢富美男のズバッと聞きます!』はフジテレビ系で毎週水曜22時から放送。

http://www,fujitv,co,jp/umezuba/

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。