2019.03.04   

【週刊脳トレ】昔ながらの遊びが脳に元気を与える「迷路」

 暗算をしたり本を読んだりと脳を使うことは多いと思いますが、「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)も、脳の働きを高めるために有効です。ちょっとした空き時間に挑戦してみましょう。

 脳を使うことで、脳に向かう血流がアップします。その結果、脳内の神経細胞の機能が高まります。最近の研究では、情報伝達物質の流れがよくなることも確かめられています。

 今日の脳トレは「迷路」。物事を成し遂げようとするときに働く「実行機能」と、正しい道順を導き出す「探索機能」という脳の働きに関係します。

脳トレへ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。