2019.03.11 |ヘルス   

【週刊脳トレ】熟語を探しながら脳の元気を後押しする「3文字拾い」

 新しいことをなかなか覚えられないだけでなく、昔のこともなかなか思い出せない…。そんなことを実感したら「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみましょう。

 脳には神経細胞がはりめぐらされていて、その間を情報伝達物質が行き来しています。計算や脳トレなどを行うと、脳へ向かう血流が増加し、情報伝達物質がスムーズに流れるようになります。

 今回は「3文字拾い」。先のことを読んだり想像したりする「類推力」と、記憶から適切な言葉を探し出す「辞書的知識」という脳の機能のトレーニングです。

脳トレへ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。