2019.04.13 |暮らし   

介護施設訪問レポート|福祉先進国デンマークの理念を取り入れた介護付き有料老人ホーム<前編>

 高齢者向けの住宅の中から、話題の施設をピックアップ。記者が訪問し、施設で働く人の思い、設備、サービスなどをレポートする。今回は、調布市にある介護付き有料老人ホーム「デンマークINN深大寺」だ。

デンマークINN深大寺

(1)本人の意思尊重(2)残存能力の活用(3)生活の持続性。これは高齢者福祉先進国であるデンマークで1982年に作られた高齢者福祉3原則だ。「デンマークINN深大寺」はその名の通り、実際にデンマークへの視察を重ね、その哲学を取り入れて設立・運営されている。

老人ホームの庭に咲く桜

庭の桜でお花見を楽しめる

 運営する社会福祉法人新樹会は特定医療法人研精会グループの一員。研精会を作った山田禎一氏は1957年の精神科病院開設以来、医療・福祉の分野で多大な功績を残しており、その哲学がしっかりと引き継がれている。

デンマークの高齢者福祉3原則を日本にフィットさせる取り組み

 デンマークINN深大寺の立ち上げにも関わったデンマークINN深大寺の施設長・山本隆子さんは看護師。自身の専門性も活かしながら責任者を務る山本さんに、お話をうかがった。

介護付有料老人ホームの施設長の女性と本部統括部長の男性

施設長の山本隆子さんと本部統括部長の本間亮さん

 デンマークの高齢者福祉3原則の1つである“残存能力の活用”とは、具体的にはどのようなケアなのだろうか。

「デンマークではご入居者に合わせて、職員がゆっくりと待つそうです。全く同じことをすると、日本では面倒をみてくれない、ほったらかしだと思われてしまう可能性もありますが、こちらでも残存能力の活用を意識して、ご入居者自身ができることはなるべく見守りながら援助しています。食事の介助の時も、ご自身でできることはやっていただいています。そうすることで、ご自身の能力を維持・活用できるようになります。ご本人がお疲れになってしまったら様子を見ながらお手伝いをしますが、効率を良くするために職員のペースで食べいただくようなことはしません」(デンマークINN深大寺施設長の山本さん 以下「」は山本さん)

リハビリに取り組む高齢者

経営母体が病院のため、リハビリにも力を入れている

 食事とならんで生活の質を左右する入浴にも残存能力の活用を意識しているという。まず、入居者の満足度が高くなるように、時間をかけて入浴しているそうだ。そして、手取り足取りで入浴介助をするのではなく、できることはやってもらう。例えば、浴槽をまたげる人には自分でまたいでもらい、難しい場合に初めて手助けをするそうだ。効率だけを考えると、スタッフが全てをやってしまった方がもちろんスムーズだが、待ちの姿勢で見守り、たとえ時間がかかっても入居者自身にできることをやってもらうという。

 そのためにスタッフ同士で入居者の情報共有をすることを重視している。時間をしっかりとかけることで、入浴中の事故もないそうだ。

介護付有料老人ホームで介助されながら入浴する入居者

安全を確保しながら、入居者の状態に寄り添うお風呂の介助

航空会社の接客をお手本にした「6つのS」

 デンマークINN深大寺は、高齢者福祉3原則に加えて、「6つのS」をモットーとして掲げている。

 Smile(笑顔、目元のやさしさ)、Speedy(機敏、効率)、Study(学習、自己啓発)、Speciality(専門知識、責任感)、Sincerity(誠実、思いやり)、Smart(かしこさ、制服効果)がその6つ。

 この6つは航空会社『全日空』の幹部と懇意にしていた創設者が、全日空流の接遇研修を受ける中で導入したものだという。館内に高齢者福祉3原則と並べて掲げてあり、職員にもしっかり浸透している。

介護付有料老人ホームに掲げられているモットー

館内の複数の箇所に掲げられている

「特にSmileを重視しています。ご入居者を幸せにするには、まず私たちが幸せでないといけないというのが私の考え方です。元気で笑顔でいることを大事にしています。笑顔を作ると気持ちも明るくなるので、職員全員で取り組んでいます。笑顔になるため、職員にも自分の生活を大切にしてほしいと思っています」

認知症を断るという発想はなし!病院が母体の安心感

 認知症の家族の介護で悩を抱えている人は多い。介護施設を探す際には様々なチェックポイントがあるが、その施設の始まりや経営母体がどういったところが、選択の参考になることもある。

 デンマークINN深大寺は精神科の病院が始まりなので、その歴史全てで認知症の患者や家族と向き合ってきた。

「精神科の病院から始まっている施設なので、認知症を理由に入居をお断りするという発想を持っておりません。認知症に限らず、病気を患った場合は、病院が母体であることで、安心感を持ってくださる方も多いです」

介護付有料老人ホームの共用スペース

共用スペースも充実しているので、館内全体を生活の場にできる

 訪問医や近隣の医療機関との連携も密に行っているという。介護職員の80%は国家資格を持った介護福祉士で、専門知識と経験に基づいたケアを行っている。また、看護師が服薬管理や処置、健康管理をし、必要があれば医療機関を受診する際の付き添もしている。

 デンマークの福祉哲学の実践と経営母体が病院である安心感が特徴のデンマークINN深大寺。入居者やその家族からの紹介で、入居を希望する人が多いという。

撮影/津野貴生

→このシリーズのその他の記事を読む

【データ】
施設名:デンマークINN深大寺
公式WEBサイトhttp://www.denmark-inn.or.jp/
所在地:東京都調布市深大寺東町8-14-2
最寄駅
(1)JR三鷹駅下車2.6km:小田急バス調布駅行きにて 三鷹市役所前下車徒歩7分
(2)京王線調布駅より京王バス、小田急バスで、航空研経由吉祥寺行きにて12分・航空研前下車徒歩5分、調布北高経由吉祥寺・三鷹行きにて12分・調布北高下車徒歩8分 
類型:介護付有料老人ホーム
運営主体:社会福祉法人新樹会
敷地面積:3587.60平方メートル
延床面積:2856.48平方メートル
室数:78室
入居要件:入居時自立・要支援・要介護の方
構造:鉄筋コンクリート構造・地上3階
開設年月日:2002年2月16日
料金
Aプラン:家賃の前払金500万円+月額利用料20万1600円(内訳・居室使用料7万2000円、維持管理費6万7886円、食費6万1714円)

Bプラン:家賃の前払金250万円+月額利用料24万3300円(内訳・居室使用料11万3700円、維持管理費6万7886円、食費6万1714円)

Cプラン:家賃の前払金なし+月額利用料28万5000円(内訳・居室使用料15万5400円、維持管理費6万7886円、食費6万1714円)

※施設のご選択の際には、できるだけ事前に施設を見学し、担当者から直接お話を聞くなどなさったうえ、あくまでご自身の判断でお選びください。

●先進医療施設が近隣!看護師24時間常勤の介護付有料老人ホーム<前編>

●理学療法士が常勤!機能訓練が充実の介護付有料老人ホーム<後編>

●安心して充実したシニアライフを過ごせる!自立型介護付有料老人ホーム

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。