2016.08.05 |   

「夏野菜のジュレ」のレシピ動画 【介護食】【やわらか食】

レシピ提供/『Kamulier』動画撮影/櫻井健司

暑い夏には見た目も口当たりも涼しく

「噛むこと、飲むことが難しくても、家族と一緒に食卓を囲み、笑顔になれる」そんな思いをこめて『Kamulier(カムリエ)』が提案する“介護”の食の形「やわらか食」。


『Kamulier』では季節に合わせたメニューを管理栄養士が提案する料理教室やワークショップを毎月開催しています。身近な食材と道具を使って、自宅でも作れる人気のメニューをいち早く動画でご紹介です。


 今回のメニューは『夏野菜のポン酢ジュレ』。


 あざやかな彩りが食欲をそそります。細かく刻んだ野菜がジュレと絡まってのども越し良く、ポン酢とトマトの酸味が爽やか!

 * * *

材料(2人分)

●ポン酢ジュレ
水 120g
ポン酢 30g
大葉 1/2枚
粉ゼラチン2g
水 15g 

●野菜
オクラ 4~5本
トマト(小玉) 1個(中玉1/2個)

作り方

【下準備】
・水15gにゼラチンを振り入れふやかす。
・食器を冷蔵庫で冷やしておく。

●ポン酢ジュレ
【1】大葉はみじん切りにする。
【2】鍋に水、ポン酢、大葉を入れて火にかけ、沸騰させる。
【3】火を止め、ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜて溶かす。
【4】ボウルに移して氷水で粗熱を取り、冷蔵庫で冷やし固める。

●野菜
【1】オクラは半分に切り、軟らかくなるまでよく茹でる。
   氷水で冷やして種を除き、ヘタを切ってから細かく刻む。
【2】トマトはヘタの反対側に十字に切り込みを入れる。
   沸騰したお湯に入れ、氷水で冷やして皮をむく。
   半分に切ってヘタを切り、再び氷水の中で種を除いたら、
   細かい角切りにする。

仕上げ・盛り付け

【1】冷蔵庫で冷やした器に野菜を盛り付ける。
【2】ポン酢ジュレをスプーンで細かくし、野菜の上にたっぷりかける。

ポイント

オクラは10分~12分程茹でると軟らかくなります。
トマトは熟したものを使用してください。


【エネルギー】37kcal 【たんぱく質】2.9g 【脂質】0.1g 【塩分】1.3g
※栄養成分は1人分です

【介護食の作り方をわかりやすい動画でご紹介!この連載のバックナンバーをみる】

●鮭の旨味とクリーミーな食感がやみつきに!「サーモンのテリーヌ」

●とろーり黒蜜きな粉を贅沢に!「やわらか信玄餅」

●つるんとした豆腐に梅の酸味がマッチ!「葛豆腐の梅あんかけ」

●大根が驚きのやわらかさに変身!「冷たいふろふき大値」

●とろみのあるチリソースとやわらかいエビ!「エビチリ」

●みんな大好きなソース味!「お好み焼き」

Kamulier』で開催される料理教室は、どなたでも参加ができます。

参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。
詳しくはhttp://www.kamulier.com/shopbrand/ct63/

『Kamulier』店舗外観

「Kamulier(カムリエ)」は東京・御茶ノ水駅近く、順天堂大学医学部附属順天堂医院裏手にあります。店舗は、スーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が介護食向けに監修したケーキなどが味わえるカフェとして(ケーキはテイクアウトや地方発送もあり)利用できる他、介護の「食べること」に関わる商品の販売があり、管理栄養士や歯科衛生士など常駐する専門家から、アドバイスも受けられます。

【データ】
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
公式サイト:http://www.kamulier-gc.jp

【この連載のバックナンバー】

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。