2016.08.07 |暮らし    6

猫が母になつきません 第4話 「うめぼし」

介護日記マンガ4_うめぼし

庭に梅の木があるばかりにうちでは毎年強制的に梅干しが漬けられます。二人暮らしでは消費が追いつかないうえ、いつ漬けたのかもわからない貯蓄がたっぷりあり、梅干しの在庫は増え続ける一方…。それでも母は「梅がもったいない」と漬けるのをやめません。昨今は手作りの梅干しなど喜んでもらってくれる人もなく、むしろその手のもらい物って迷惑よね、みたいな話を聞いてひんやりする始末。納戸をうめつくす梅干しを見るたびにやるせない無力感におそわれると同時に唾がたまってきます。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母と暮らすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】

第3話 「みかく」
第2話 「かたづけ」
第1話 「しらない」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  6

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. うきゅきゅ より:

    はじめまして!。
    梅干しいいですねー。

    教えていただきたいです。

    そして梅干しも欲しいです。

    3+

  2. 亰小路 より:

    初めまして
    「猫が母になつきません」のタイトルに誘われ拝見しはじめました。
    団塊婆ぁです。私も娘の猫には余りなつかれてはいません。
    赤ちゃんの時、初めて来た日の夜に私の首元で寝てくれましたが同居ではないので冷たいのです。
    私には愛想無しの猫になりました(笑)
    おやつをくれる婆さんとしか認識してもらってない様です。
    少し悲しいですね。

    今回のコメントは梅干しに反応したからなんですよ!

    毎年梅干しを漬けておられるお母様とお友達になりたい程です(笑)
    羨ましく読ませてもらいましたよ。

    近くに暮らしていたらお裾分け願いたい程です。
    勿体無いので毎日召し上がってくださいね。

    お邪魔致しました。

    7+

  3. 樋口塗装 より:

    その手作り梅干し欲しい♪
    (=´∀`)人(´∀`=)

    4+

  4. Mrg より:

    確かにこのマンガは見づらいです。次に進めるときもあれば進めないときもある。
    今までのタイトルが全部見られる場合もあるし、見られない場合もある。
    いったいどういうつくりになっているのか…。
    「介護」のサイトなのに、これはかなりのストレスです。

    わびもさびもすごくかわいくて大ファンなので、そこを改善してくれたら嬉しいです。

    11+

  5. ぴよ より:

    梅干しいっぱいあるなら、梅酒や梅ジュースが良いですね!!
    梅ジュースや梅シロップは、うちの家族も大好物です❤️
    美味しいだけではなく、疲れに良いそうですよ(^^)

    2+

  6. このサイトは より:

    次の漫画に進めないのでしょうか?
    普通は矢印とか「次へ」とか
    次のお話に進めるものですが、見当たりません

    4+