2016.09.01 |ヘルス    3

認知症と似てる老人性うつ 見つけ方と対処法

治療の効果を上げるカウンセリングを使うべし

 治療については、うつ病は抗うつ剤などの薬物療法が基本で、老人性うつも同様です。ただし老人性うつの場合、抗うつ剤の使い方が難しいという面があります。ひと口に抗うつ剤といってもいろいろな種類があり、中には副作用で血圧を上げてしまうものや、尿が出にくくなるもの、頻脈が生じるものなどがあります。つまり、高齢者に向かない抗うつ剤が結構あるということです。高齢になると緑内障になっている方も多いのですが、緑内障の患者さんには使えない抗うつ剤もあります。

 実は薬物療法がすべてを改善させているわけではなく、患者さんは「病院に通う」ことで状態がよくなることがあるんです。病院では、医師が治療に通じる情報を引き出すためにいろいろな質問をしますし、患者さんは看護師と軽い世間話をすることもあります。実はこれだけで老人性うつは改善に向かうことがあるのです。若い年代の患者さんは「他人にかまわれることが苦痛」なので逆効果なんですが、高齢者はかまってもらえることがうれしいからです。

 場合によっては精神科よりもカウンセリングのほうが効果を上げることがあります。精神科医の世界では、カウンセリングは薬物治療の二の次とされることが多いのですが、そうともいえないのです。精神科医は自覚症状や既往歴などを中心に話を聞くことになりますが、カウンセラーはその人の現在と未来など人生を一緒に考えます。若い人には当たり前のように現在と未来がありますから、カウンセリングをしてもなかなか前に進まないことがあります。しかし人生の残り時間が少ない高齢者にとって、今後の人生を考えることは違った意味を持ちます。カウンセリングによって老人性うつの程度が軽くなれば、薬を多く処方しなくてもすみます。

 おしまいに、両親や祖父母が老人性うつと診断されたとき、家族はどのように接すればいいかをお話ししましょう。

 体の不調を訴えているのであれば「つらいね」「大変だね」と、その主張を認めてあげることです。間違っても「そんなのは気のせいだ」といった、否定や反論をしないこと。怒ったり檄を飛ばしたりしたいところですが、受け入れてあげることが最善なのです。認知症は現代の医学では治すことはできませんが、老人性うつは治療すれば改善できる病気です。老人性うつのお年寄りを介護しているご家族には、希望を持ってもらいたいと思っています。

酒井和夫(さかい・かずお)

ストレスケア日比谷クリニック院長。精神科医。医学博士。日本精神神経学会精神科専門医、指導医。東京大学文学部・筑波大学医学部を卒業後、長谷川病院を経て平成8年にストレスケア日比谷クリニックを開業。院長として精神科の一般臨床に携わる。精神医学、心理学に関する著書も多く、獨協大学・筑波大学等数か所の大学においても非常勤講師として精神保健一般についての講義を行ってきた。

取材・文/熊谷あずさ

【関連記事】

●「せん妄」を認知症と間違わないために知っておくべきこと

●認知症になったら…正しい知識と準備を識者が解説(チェックリスト付き)

「本当に危ない物忘れ」と「誰にでもあるド忘れ」どう違う?見分け方を解説

「要介護4」の在宅介護は無理?妻の施設入居…夫の葛藤

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  3

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 鬱(笑) より:

    娘の立場から記事を読みました。
    先に言いますが、「鬱」という部類の人間がキライです。

    母が(多分)老人性うつです。父が亡くなってから欲求がなくなりました。
    ですが!お金への執着はすごい。
    他の欲求が全てお金に行ってるようです。

    ボロい貸家を所有しているのですが、家賃の日にはきっちり集金に行きます。(ボロいので不動産介入していません)

    家賃を集めてるとき以外は「何もすることがない」「食欲もない」「したいことがない」などしつこく言ってます。

    正直、お金のことだけルンルン♪でそれ以外はまるで正気無し。

    だから自称「鬱」を自慢してるアホは嫌いなんですよね。
    「鬱」なんて病気じゃないし。お金のことになるとルンルンでしょ?みんな。

    バカらしい症状で笑うわ。

    0

  2. hm423 より:

    今年65歳になる夫。
    いつも機嫌が悪く、テレビばかりみています。
    具合が悪いのか、肩や首、下半身など、さすったりもんだりしています。食欲もあまりなく
    とにかく不機嫌で困っています。
    これは、どういう事でしょうか。
    私にも暴言をはきます。
    いちにちに何度も大便を催すようですが
    お酒のせいか
    下痢ばかりみたいです。
    認知症の始まり?と心配です。

    2+

  3. 冬の北極星 より:

    高齢者のうつ病は深刻な問題だと思います。うつ病になると自殺を考える方もいるということで、予防が何より大切なのではと感じました。
    高齢者に親身になって対応してくれるカウンセラーが増えることを、期待しています。

    2+