2016.08.28 |暮らし    1

猫が母になつきません 第7話 「ない!」

介護日記マンガ7_ない!

とにかくモノをなくします。だいたい見当がついてすぐに発見できる場合が多いのですが、たまに母が自分で入念にかくしておいてすっかり忘れてしまう…とい うパターンがあって難儀することも。嫁にあげたのを忘れて花瓶を探していたときは「泥棒のしわざに違いない」と言って警察に届ようとするし(泣)。外出か ら帰って来て「バッグがない」と言いだしたときにはさすがにあきれましたが、中に入っていた携帯に電話をしたら自転車屋さんが出て「うちの前におちてまし た」と。もはや謎です。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母と暮らすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】

第6話 「パソコンその2」
第5話 「パソコンその1」
第4話 「うめぼし」
第3話 「みかく」

第2話 「かたづけ」
第1話 「しらない」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ともまる より:

    物忘れ…だと思ってたらうちのばぁちゃんは認知症初期でした(´ε`;)

    同じことあったから懐かしくなりましたw
    あと、タンスの中に片方ずつの家族の靴下コレクション。自分はやってないと言っていました笑笑

    1+