2016.09.24 |サービス   

【介護の基礎知識】公的制度<2> 介護サービスの種類とは?

介護保険で利用できるサービス

 介護保険制度で利用できるサービスとしては、介護の相談・ケアプラン作成、家事援助などの訪問サービス、通所でのデイサービス、宿泊・生活する施設サービス、通所・宿泊などを組み合わせたサービス、福祉用具のレンタル・販売などがあり、介護の状態に応じて選ぶことができる。

 ただし、利用できるサービスや支給額の上限(支給限度基準額)は要介護度(要支援度)によって異なるため、利用サービスを決める前に要介護度の認定を受け、ケアプラン(サービス計画書)を作成する必要がある。

 * * *

 利用サービスの中には、要支援の人を対象とした「介護予防サービス」や住んでいる地域の事業所や施設を利用する「地域密着型サービス」が含まれる。

 いざ、介護が始まったときに、介護まわりの制度やサービスがよくわからず、途方に暮れることがあるかもしれません。介護の基礎的な知識をデータベースにまとめました。困った時はここを読んで、上手な利用の仕方を心得ておきましょう。

介護予防サービス

「介護予防サービス(予防給付)」とは、生活機能を維持・向上させて要支援の人が要介護にならずに済むことを目的としたもので、要介護1~2の人が対象。

 介護サービスの中には予防給付を含むサービスがあり、同じ名称のサービスでも、要介護の人と要支援の人とで受けられるサービス内容などが異なる場合がある。例えば、訪問介護(ホームヘルプ)の場合、要介護の介護サービスでは「身体介護」と「生活援助」と分かれそれぞれに利用料が設定されているが、予防サービスでは「身体介護」と「生活援助の区別がなく、週1回(または2回)利用するときの1か月あたりの利用料が設定されている。

介護2-1再

主な介護予防サービス

自宅に訪問
└訪問介護(ホームヘルプ) 訪問入浴 訪問看護 訪問リハビリ
通所
└通所介護(デイサービス) 通所リハビリ 認知症対応型通所介護
入所・宿泊
└短期入所生活介護(ショートステイ) 短期入所療養介護 特定施設入居者生活介護
訪問・通所の組み合わせ
└小規模多機能型居宅介護

地域密着型サービス

「地域密着型サービス」では、要介護状態になってもできるだけ住み慣れた地域で生活できるよう、市区町村指定の事業所や施設がサービスを提供する。それ以外のサービスは他の市区町村の事業所や施設でも利用できるが、地域密着型サービスについては、その市区町村に住んでいる人が対象となる。

 地域ごとに指定基準や介護報酬を設定することができるため、地域のニーズに合わせたサービスを提供することが可能になる。

<主な地域密着型サービス>

主な地域密着型サービス

自宅に訪問
└・夜間対応型訪問介護 ・定期巡回 ・随時対応型訪問介護看護
通所
└・地域密着型通所介護 ・療養通所介護 ・認知症対応型通所介護

訪問・通所の組み合わせ
└・小規模多機能型居宅介護 ・複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)

【さらに詳しく】

■介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」

www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/

【介護の基礎知識】データベースを見る

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。