2016.09.18 |暮らし   

猫が母になつきません 第10話 「こっせつ その1」

介護日記マンガ_10_こっせつ その1
母がケガをした、という記憶がありません。去年、夜中に足の親指をムカデに噛まれた時には大騒ぎで、ひどく痛がるのであれこれ手当して心配させられたのに翌朝にはちょっとムカつくくらいケロッとしていたし、それはケガとは違いますよね。スポーツをしないせいもありますが、とにかく家族のなかで一番ケガをしていない気がします。歳をとったら《骨粗鬆症→骨折》にはくれぐれも要注意、と聞いてはいても、母はどこかで自分はそういうものとは無縁だと思っていたのですが…。<つづく>

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母と暮らすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】

第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。