2016.09.19 |ヘルス   

【週刊脳トレ】視覚や空間を認知する機能と注意力がアップ! 「線たどり」

 ボケたくない、何歳になっても人と楽しく会話を楽しみたい…そのためには脳を鍛えておくことがとても肝心! 認知症が心配な人もそうでない人も『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみましょう!

 * * *

 パズルでも計算でも頭を使うことは、脳の血流を高めます。すると神経細胞の代謝が向上して、脳の情報伝達が改善してくるのです。脳トレで血液循環をよくして認知症に備えましょう!

 ひとりでやるのもいいのですが、大勢でやるとより効果的です。

 今回は、視覚認知機能と空間認知機能と注意力を鍛えるトレーニング、「線たどり」です。

「視覚認知機能」とは、目で見たものを認識する機能。この機能が衰えていると、文字や図形を判別しにくくなります。

「空間認知機能」は、物の形や方向を認識するために働きます。道路標識の形と意味を理解したり、部屋のどこに何があるかを把握したりといったことができるのは、これらの機能が大きく関わっています。

「注意力」は、説明するまでもないでしょう。

 視覚認知機能も空間認知機能も、年を取ると衰えてきますから、「線たどり」で機能を維持しましょう。認知症の前段階であるMCI(軽度認知障害)の方にもオススメです。


では早速、挑戦してみましょう!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。