2016.09.26 |ヘルス   

【週刊脳トレ】散歩や運転に必要な空間認知機能を鍛える「ブロック数え」

「最近モノ忘れがひどい」「ぼーっとしていることがある」…認知症かも? と心配になるなら「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみましょう。

 いつでもどこでもできる簡単トレーニングで、ボケを予防しましょう!

 * * *

 脳トレの利点は脳の血流を改善すること。これにより脳の神経細胞の代謝がよくなり、情報の伝達がうまくいくようになるのです。とにかく脳はどんどん使ってあげることが重要です。

 今回のトレーニング「ブロック数え」は、空間認知機能を鍛えるトレーニングです。

 子供のころ算数の問題でやったことがある方もいるでしょう。


「空間認知機能」は、物体の形や方向、大きさなどを把握する能力です。年齢とともに大幅に低下してくる機能の一つでもあります。


 立体的なものがどんな形で存在しているかを認識できないと、例えば道の段差を認識できなかったり、自動車がどちらに動いているかを把握できなくなったりします。

 ブロック数えは、空間認知機能を鍛える一つの手段。まだまだ脳が元気という方も、MCI(軽度認知障害)の方も、予防と改善のためにレッツ脳トレ!


「ブロック数え」にチャレンジ!


コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。