2016.10.02 |暮らし   

猫が母になつきません 第12話 「こっせつ その3」

猫母12_こっせつ3

母が腰を骨折して整形外科でプラスチック製の「硬性コルセット」というものをオーダーメイドで作りました。6万円(!)もしましたが、装具証明書と領収書を役所に提出すれば何割かは戻ってくるそうです。これを常に着用するように言われたのに、母はすぐにはずしてしまいます。服の下に着けていたら見た目でわからないので、ぬきうちで背中にタッチして確認。着けていなければ即、着けさせます。しかしその場ではいやいや着け、目を離すとまたはずしてしまうの繰り返し。先生、もうギプスで固めてもらえませんか…。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】

第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。