2016.10.16 |暮らし    3

猫が母になつきません 第14話 「バイリンガル」

介護日記マンガ14_バイリンガル

母は週1回英会話の教室に通っています。近所の公共施設でやっている教室なので生徒さんも年配の方が多くのんびりした雰囲気。母には普段英語を使う機会はほとんどありませんが、お寿司屋さんのカウンターで隣にすわったアメリカ人のご夫婦に話しかけたものの会話が成立しなくて困惑されたり、駅のホームで電車を待っているインド人の学生さんに自分のメールアドレスを教えたり(こらこら)、グローバル化に余念がありません。英会話のCDはいつも子守唄…。海外旅行している夢でもみてください。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】

第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」
第12話 「こっせつ その3」
第13話 「カルシウム」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  3

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. nurarin より:

    「介護って何?」というのは人それぞれだと思います。
    うちの場合はまずゴミ屋敷から母を救い出すことでした。
    母は家をゴミ屋敷にし、それに堪えきれなくなり、おかしな言動が増えて体調も崩していました。そのSOSに応えるにはとりあえず離職するしかありませんでした。
    母は私と暮らすようになってとても元気になりました。
    一人ではないということで精神的にも安定し、体調もよくなりました。
    家を片付けたので人を招くこともでき、趣味が増えました。
    しかし母は自分の家がゴミ屋敷だったことを全く覚えていません。
    今は年々できないことが増えたり衰えがあっても「家族がいるから大丈夫!」と思っているらしく、妙に強気で実力以上のことをやろうとするので手を焼いています(笑)。

    私はといえば、やりがいのあった仕事を辞め、住みなれた街を去り、大切な人たちと遠く離れてしまったことのつらさからまだ抜け出せていない気がします。もう何年も経つのに…。今後のことも不安だらけで。離職のつらさは介護の重さに関係なく、誰にとってもなかなかしんどいものだと思います。

    ウキッ!さんはもう読んでくださらないのでしょうか。
    これは深刻な介護離職の話ではなく、深刻ぶってるのは私だけで、
    母はのんきに暮らしてるっていう幸せな話なのですが…
    マンガなので、気軽に読んでいただければ…と切に願うしだいです。

    6+

  2. ミッキー より:

    ウキッ!さんのおっしゃる通り、「介護って何?」という疑問は、私もあります。認知症や体が不自由で大変な思いをして介護をしているケースと、それほどでもないケースもありますから。

    ただ、「そんなにひどくないけれど、親が一人で生活するのは心配な状態」ということで、離職する人は結構いると思います。
    ご本人たちからしたら、それも切実な問題でしょう。
    それも「介護」ですし、「介護離職」だと私は考えます。
    様々な人がいるので、表現は難しいですよね。「大変」はひとそれぞれ違いますから。

    0

  3. ウキッ! より:

    介護離職の典型?
    認知もなく、体が不自由でもないのに?
    英会話に、パソコン??
    介護保険は使って無いですよね?
    こんな健康な高齢者の為のものではないはずだから。
    介護って何?って疑問。
    コメント残してここでギブアップします。
    もっと深刻に介護離職している人がいるのに、世間から勘違いされそう。

    2+