2016.11.08 |ヘルス    7

梅宮アンナも衝撃 「水分不足で認知症に」と識者が警鐘

「このままだと若年性認知症になりますよ」

 タレントの梅宮アンナ(44才)は、今年2月、医師にそう告げられ、ショックのあまり言葉を失ったという。7月に無事手術を終え、自宅療養をしている父・梅宮辰夫(78才)に十二指腸乳頭部がんが発覚する前のことだ。

1641_umemiya_anna
「うちは“がん家系”ということもあるので、40才を過ぎてから、年に1回は人間ドックを受けるようにしているんです。でも今年の検診で先生から言われて“えっ?”って。臓器や機能はほぼほぼ健康だけど、唯一、お水が足りてないって…」(アンナ)

 若年性認知症とは、64才以下の人が発症する認知症のこと。高齢者の認知症と比べれば圧倒的に数は少ないが、若年性認知症によって職を失うきっかけになったり、年齢が若いため利用できる福祉サービスが少ないなどの問題もある。

 2009年の厚生労働省の発表では、若年性認知症患者は約3万8000人おり、発症年齢は平均51才。アンナの年齢は平均よりもずっと若く、衝撃は相当のものだっただろう。それにしても、だ。水が不足すると認知症…? 一体どういうことなのか。

「実は体内の水分不足は、認知症と非常にかかわりが深いんです」と話すのは、『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』の著書もある国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁さんだ。

 竹内さんによれば、「老化とは体内の水分を失っていく過程」なのだという。そもそも、人間の体の大半は水分でできている。子供の水分量が約75%なのに対し、成人では約60%、高齢者は約50%と、次第に減少していく。

「血液はもちろん、体の細胞全てに水分は含まれています。中でも、体内で水分を最も蓄えているのは筋肉です。筋肉の75%は水分なので、筋肉量が少ない高齢者は水分不足に陥りやすい」(竹内さん)

 さらに、感覚の鈍化により、喉が渇いてもそれを感じにくくなることで生じる “摂取量の減少”や、腎機能の低下により尿に含まれる水分の割合が増える“排出量の増加”が追い打ちをかける。

「そうして体内の水分のたった1%でも欠乏してしまうと、意識がぼんやりしてきて、意識障害に陥ります。体重50kgの人なら、1%は250ml。500mlペットボトルのたった半分の量なんです」(竹内さん)

水分の欠乏が認知症にどうかかわるか?解説は次のページに

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  7

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 認知症介護中 より:

    少しは影響するのかもしれないですが、水分を摂ることで認知症が改善するというのは強引。父は毎日ペットボトル5本は飲んでいましたが、認知症です。

    この方の説が立証されて、治療法として確立されるようならノーベル賞ものです。
    しっかりデータを取って、早く学会で発表なさってください。本当に効果があるなら世界中の人々がそれを待ち望んでいます。

  2. ミ~コ より:

    水分は、身体になくてはならないもの。認知症との因果関係は血流に関連し、また、内臓機能に影響をきたします。体調が良いことは、その人が自分らしく生きていくために必要なこと。認知症の予防に繋がるということだと思います。しかし、認知症が起こるメカニズムには、それ以外にも精神面の関与もあり、一概に言えないと思います。

  3. まさはる より:

    1日2リットル以上飲んで1キロ以上歩いて毎日快便で食事も全量摂取の人でも認知症になってますけど、どうなの?施設で目指せ水分1500なんて職員に対してのノルマだからね。飲めない人に無理矢理飲ませて1500飲んでますなんて虐待じゃないの?こんなの間に受けて施設で介護力なんてするのはほんとやめてほしい。

  4. keiko より:

    水分を蓄える部分として筋肉があげられていますが、確かに認知症の方は華奢で筋肉がない方が多いし、そう考えると認知症になりやすい体型の方がいるような気がします。私は介護の仕事をしていますが、最近そう思うようになりました。

  5. 水よりコーラ派 より:

    殆ど水を飲まないので将来が心配です。

    ただ、水を異常に(毎日一リットル以上)飲む四十代前半の知り合いは結構物忘れが・・・この知人がレアケースかもしれませんが。。。

  6. 昭和生まれ人 より:

    本当に水分量少ないと血糖値の上昇とか、糖尿病になり易いようです。心掛けて飲むようにしてます。まだ間に合うかな、67才昭和生まれ人

  7. あさき より:

    私の知ってる人でちょっと通常の人より水分とりすぎてる人いますけど、認知症の症状出てますよ。徘徊とかまではいきませんが、物忘れや妄想、覚醒水準下がったりですね。まだ60代になってない人たちです。
    この論説はデータ集めて検証してるのでしょうか?精神症状について日々勉強する立場にいますが、聞いた事ないですし。老人ホームだけだったり、限られた母集団だけではなんの証明にもならないのでは?