2016.11.08 |ヘルス    15

梅宮アンナも衝撃 「水分不足で認知症に」と識者が警鐘

「このままだと若年性認知症になりますよ」

 タレントの梅宮アンナ(44才)は、今年2月、医師にそう告げられ、ショックのあまり言葉を失ったという。7月に無事手術を終え、自宅療養をしている父・梅宮辰夫(78才)に十二指腸乳頭部がんが発覚する前のことだ。

→真矢ミキが語る母の介護「私を忘れてしまったあの日…」

→最新「認知症検査」でここまでわかった!治った!自宅でできるテストも

1641_umemiya_anna
「うちは“がん家系”ということもあるので、40才を過ぎてから、年に1回は人間ドックを受けるようにしているんです。でも今年の検診で先生から言われて“えっ?”って。臓器や機能はほぼほぼ健康だけど、唯一、お水が足りてないって…」(アンナ)

 若年性認知症とは、64才以下の人が発症する認知症のこと。高齢者の認知症と比べれば圧倒的に数は少ないが、若年性認知症によって職を失うきっかけになったり、年齢が若いため利用できる福祉サービスが少ないなどの問題もある。

 2009年の厚生労働省の発表では、若年性認知症患者は約3万8000人おり、発症年齢は平均51才。アンナの年齢は平均よりもずっと若く、衝撃は相当のものだっただろう。それにしても、だ。水が不足すると認知症…? 一体どういうことなのか。

「実は体内の水分不足は、認知症と非常にかかわりが深いんです」と話すのは、『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』の著書もある国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁さんだ。

 竹内さんによれば、「老化とは体内の水分を失っていく過程」なのだという。そもそも、人間の体の大半は水分でできている。子供の水分量が約75%なのに対し、成人では約60%、高齢者は約50%と、次第に減少していく。

「血液はもちろん、体の細胞全てに水分は含まれています。中でも、体内で水分を最も蓄えているのは筋肉です。筋肉の75%は水分なので、筋肉量が少ない高齢者は水分不足に陥りやすい」(竹内さん)

 さらに、感覚の鈍化により、喉が渇いてもそれを感じにくくなることで生じる “摂取量の減少”や、腎機能の低下により尿に含まれる水分の割合が増える“排出量の増加”が追い打ちをかける。

「そうして体内の水分のたった1%でも欠乏してしまうと、意識がぼんやりしてきて、意識障害に陥ります。体重50kgの人なら、1%は500ml。500mlペットボトルたった1本の量なんです」(竹内さん)

→認知症の祖母の「徘徊」に口出しせず付き添ってみたら…

水分の欠乏が認知症にどうかかわるか?解説は次のページに

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  15

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ナツ より:

    体重50㎏のひとの1%って250cc?

    500ccじゃないの?

    5+

  2. イチロウ より:

    最初に確認しなければならないのは、「認知症」という病は無いこと。

    何でもかでも認知症と言うのは間違いなので、病気に依って病因も治療法も違うのは当然です。

    人間でも他の動物でも脱水になれば最悪は死亡に至るのは当然なので、脱水に至らないように水分を摂るのは当然です。

    一例を挙げれば、脳の神経細胞が死滅したり何等かの障害を受ければ、精神に異常を来すのは当然の成り行きなので、専門治療を受けるしかありません。 ただ、脳内の血管が障害を受けないように、食事内容に注意することは誰でもが出来ることなので、食物を選ぶ際に注意するのは当然でしょう。

    例えば「油脂」です。 揚げ物が大好きな人は要注意です。 これは、医学の分野の調査研究が出ています。

    それに加えて、特に男性の場合には、体調に依れば、飲酒を止めるか、節制しなければ最悪は、脳の血管が切れることもあるでしょう。 血圧が高いのに朝風呂で熱湯につかり飲酒を重ねた亡父は、ある朝に倒れてそのままでしたので、その息子の私は真似をしないようにしていますが、世間では、同様の危険を招くことをされておられる方々が多いので呆れます。

    以下の広報は参考になります。

    厚生労働省 知ることからはじめよう。 みんなのメンタルヘルス
    https://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

    5+

  3. のぶひと より:

    老人ホームからのネタを出すな!俺は団塊だけど
    梅宮アンナって老婆は知らねえな!

    9+

  4. はなはな より:

    水分が足りないと認知症になるってきいたことあります。
    現に夏にホームセンターバックヤードで猛烈暑く フラフラになり、頭もぼーとしてたいへんなときありました。
    コーヒー飲んでも利尿しちゃうから水ですね。

    12+

  5. 博客 より:

    「そうして体内の水分のたった1%でも欠乏してしまうと、意識がぼんやりしてきて、意識障害に陥ります。体重50kgの人なら、1%は250ml。500mlペットボトルのたった半分の量なんです」(竹内さん)撒比

    17+

  6. タマネギ より:

    水分が足りないと認知症になるなんて今まであまり聞かないかった情報ですねーまあその様な事もあるのかな……個人的には毎日約1時間の散歩を体調不良でできなくなって数か月夫との会話で言葉がすぐに出にくくなりやはり体を動かさなくなると血液の循環が悪くなり脳に充分な血液がゆかなくなっているんだなと実感し認知症の始まりかもと思ってしまい焦っています

    17+

  7. HM より:

    あくまで予防策の一つとして認識すればいいんでしょうかねー。
    別に水をたくさん摂っていれば認知症にならないなんて明言してるわけでもないですし。

    19+

  8. 筋肉足りてない より:

    いくら水を飲んでも、筋肉が足りてないと、体に水分をとどまらせることができず、それが認知症の原因になる、ということですね!!
    そういえば、歩くの嫌いな嫁ぎ先の祖母は認知症だし、動くの大好きな祖父は100歳近いけど 私より記憶力が良いです!!
    単純に、水を飲めば良いという話ではないということがわかりました。
    私は筋肉足りてないので、筋トレ頑張ります!

    22+

  9. 認知症介護中 より:

    少しは影響するのかもしれないですが、水分を摂ることで認知症が改善するというのは強引。父は毎日ペットボトル5本は飲んでいましたが、認知症です。

    この方の説が立証されて、治療法として確立されるようならノーベル賞ものです。
    しっかりデータを取って、早く学会で発表なさってください。本当に効果があるなら世界中の人々がそれを待ち望んでいます。

    14+

  10. ミ~コ より:

    水分は、身体になくてはならないもの。認知症との因果関係は血流に関連し、また、内臓機能に影響をきたします。体調が良いことは、その人が自分らしく生きていくために必要なこと。認知症の予防に繋がるということだと思います。しかし、認知症が起こるメカニズムには、それ以外にも精神面の関与もあり、一概に言えないと思います。

    6+