2016.11.26 |暮らし   

デイサービス併設のセラピー犬がいる介護付有料老人ホーム<前編>

SOMPOケア ラヴィーレ船堀

 都営新宿線の船堀駅からバスに4分ほど乗り、数分歩くと「SOMPOケア ラヴィーレ船堀」がある。まず目に飛び込んでくるのはその外観だ。

施設_ラヴィーレ1

様々な場所から陽の光を取り入れられる設計になっている

「江戸川区景観まちづくり賞」を受賞しており、周囲に馴染む落ち着いた色合いながら存在感がある。総武線の新小岩駅、東西線の葛西駅からもアクセスができるこのホームには、吹き抜けと大きな窓があり、明るく心地良い。

施設_ラヴィーレ2

吹き抜けがあり太陽の光に包まれる

 吹き抜けは部分は団らんスペースになっていて、ゆったりと過ごすことができる。入居者同士はもちろん、来訪者と会うスペースとしても自由に使用可能だ。訪れた日はやや雲が多かったが、照明がいらないほど明るかった。ガラスをうまく使っていて、解放感も充分。案内してくれたのは、ホーム長の柏木直之さんと地域連携部の猪野雄一郎さんだ。

施設_ラヴィーレ3

柏木さんと「癒し担当スタッフ」のみわちゃん

1階から5階まですべてに陽が入る設計

「館内の窓が大きいのが特長です。天気のいい日は陽が降り注いで、暖かくなります。ご入居者さまから『まぶしいからカーテンを閉めてほしい』と言われることがあるくらいです」(柏木さん)

 ホームを設計した建築士が、家族の入居しているホームを暗いと感じたことがあり、陽が降り注ぐ設計にしたという。そのため館内は全体的に解放感があり、とにかく明るい。外の天気を感じるなど刺激のある生活を送ることが認知症にもプラスの影響を与えるそうだ。

施設_ラヴィーレ4

ダイニングも陽が降り注ぐ設計になっていて明るく清潔

 1階のダイニングは食事をする場所であり、アクティビティの場にもなっている。調理も同じ場所で行われており、できたての料理を楽しめるのが特徴。厨房が見えるようになっていて、調理している音やにおいを感じることができる。このことが食欲にも影響を与えるそうだ。創業以来、「すべての方の、すべての食事が美味しいこと」を追求し、四季を意識した料理を提供しているという。食事のためにダイニングへ移動することも生活リハビリの一環として位置付けているのだ。

 また、食事の前後で服用する薬をひとりひとりの名前だけでなく、顔写真も付けて管理しているので安心だ。全社的に同じ方法で管理しているということで、スタッフの異動があっても間違いが起こることはない。

施設_ラヴィーレ5

三角形の吹き抜けスペースを眺めながら館内を散歩

 三角形の吹き抜けに沿って、居室のあるフロアの廊下を10周歩くことを日課にしている入居者もいるという。室内でずっとテレビとにらめっこの生活を送るのではなく、天気を感じながら刺激のある暮らしができるような設計になっている。

 建物だけではなく、お花見や夏祭りなどの四季を感じる行事や食のイベント、絵画や書道などの文化活動などアクティビティにも力を入れている。書道は外部から講師を招いて指導を受ける他、指導ができるスタッフが添削をするなど活発に行われている。筆を握るのが久しぶりでも、体が覚えていてすぐに勘を取り戻す方が多いとのこと。飾ってある書も達筆だった。

施設_ラヴィーレ6

生活しやすい清潔な居室

 居室には今まで使っていた家具を持ち込むことができる。洗面化粧台も各室に設置してあり、生活をしやすい空間だ。

二匹のセラピー犬が入居者に癒しを提供

「SOMPOケア ラヴィーレ船堀」は入居者の快適な生活にとことんこだわっている。その一つが、「癒し担当スタッフ」の二匹の犬だ。みわちゃんとすみれちゃんは決められたスペースを自由に行き来し、入居者やスタッフと戯れる。1階のスタッフルームにも自由に出入りし、愛嬌を振りまいていた。スタッフに抱っこされたかと思うと、今度は吹き抜けのスペースで新聞を読んでいる入居者の膝の上で寝転んだりと自由気ままに動き回っている。

施設_ラヴィーレ7

「癒し担当スタッフ」のすみれちゃん

 二匹はセラピー犬として入居者の生活を豊かなものにしている。二匹はここに一緒に住み、日々の暮らしを共にしているのだ。

「動物が苦手な方やアレルギーがある方がいるのではと最初は心配をしていたのですが、問題なく皆さまに喜んでいただいています。時間帯によっては、二匹を取り合いになったりするくらい人気があります。スタッフの癒しにもなっていますね」(柏木さん)

「ペットではなく、『癒し担当スタッフ』と呼んでいます。二匹は性格も違いますね」(猪野さん)

 * * *

 次回後編では運営会社「SOMPOケアネクスト」全体での取り組みや、併設しているデイサービス「SOMPOケア ハッピーデイズ船堀」を紹介する。全国で117あるホームで実施されている取り組みや理念を知っていただきたい。

施設_ラヴィーレ9

【データ】
施設名:SOMPOケア ラヴィーレ船堀
公式WEBサイト:http://www.sompocare-next.jp/home/funabori/
所在地:東京都江戸川区東小松川3-25-6
最寄駅:都営新宿線船堀駅からバスで4分、東小松川小学校前バス停で下車徒歩2分
類型:介護付有料老人ホーム
運営主体:SOMPOケアネクスト株式会社
敷地面積:1681.62平方メートル
延床面積:4569.01平方メートル
室数:100室
入居要件:原則60歳以上とし、要支援・要介護の方
構造:PRC造一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階建
開設年月日:2012年8月1日
料金:
・前払金プラン/前払金540万~740万円、月額利用料19万4271円(管理費、食費)
・月払いプラン/月額利用料28万4271~31万7601円(家賃相当額、管理費、食費)

 

撮影/津野貴生

 

→このシリーズの一覧を見る

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。