2016.12.22 |暮らし   

「排せつ」のトラブル<1>介護中の便秘、便失禁~プロが教える在宅介護のヒント

介護の中の排せつケア、多い悩みは「便秘」

 専門家に在宅介護のヒントを教えてもらうシリーズ、今回は介護の悩みの中でも、深刻な「排せつの問題」を取り上げる。第一回は「便」に関するトラブルやそのケアについて、訪問看護師の長川清子さんにアドバイスしてもらう。

 高齢者には、他の年代と違う特有の症状や注意点があるという。

vadimgozhda150100351.jpg - close-up of woman on toilet in morning.

写真/アフロ

 * * *

便失禁も便秘が原因のことが多い

 要介護度が低い人から高い人まで、高齢者の排便トラブルのほとんどは「便秘」に関係しています。

 ご本人とご家族、共に、排便回数や量が少ないこと、便意をもよおすのが不規則だったり、便意をもよおさないことなどで、悩んでいる人が多いのです。

 便意をもよおさないまま、便失禁してしまうこともあり、これも便秘に起因する場合が多く、この悩みは深刻です。

 便秘は、食生活や生活のリズムが乱れることでどの年代の人にも起こることです。若い人の場合は一過性の症状であることが多いので、高齢者の場合も「便秘ぐらいは」と軽く考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。他の年代の人の便秘とは原因や症状、健康への影響が大きく違います。

高齢者の便秘は、排便の回数ではなく便の状態で判断を!

 毎日排便がないと「便秘ぎみ」「便秘」などと思う人が多いようですが、それは便秘ではありません。高齢になると食事量や活動量、筋肉量が減ることなどで、排便の回数・量が減る人は多いので、とくに回数にこだわると見誤ってしまいます。

 便秘は排便回数ではなく、出ている便の状態を見て判断します。毎日出ていても、うさぎの糞のように黒っぽいコロコロ便なら便が腸内にとどまっている時間が非常に長いと考えられ、便秘です。

 しかし、毎日ではなくても、たとえ週に1回でも、適度に水分を含んだ普通便が定期的に出ていたら便秘ではありません。

 英国のブリストル大学で1997年に開発された世界的な「便」の基準「ブリストルスケール」では、普通便とはどのようなものか、ものさしになる図を見ることができるので、便秘の判断の参考にしましょう。スケールの「4」が普通便で、日によって「3」または「5」でも心配ありません。食べ物や水分量、活動の影響と考えられます。

ブリストールスケール

「ブリストルスケール」便形状の世界的な基準になっている

便秘の原因は1つではないことも

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。