2017.01.17 |暮らし    1

「本気で親を入れたい」最高の老人ホーム<1>2017関東ベスト100

 入居一時金、月額利用料から入居率、看護・介護体制、ベテラン職員比率、看取りまで詳細データを完全アップデート !

「老人ホーム」ランキングの最新版。数多くの現場を歩き、施設長の人柄や方針、職員の質など”数値化できない情報”をよく知る紹介業者相談員(※1)の投票で選ばれた施設とは—─。

 * * *

第1位 フェリエ ドゥ 横浜鴨居

フェリエ ドゥ 横浜鴨居

第一位に選ばれた「フェリエ ドゥ 横浜鴨居」。ここ7年間、一例も感染症を出したことがない

●獲得ポイント45

入居一時金:0~805万円
月額利用料:18万2772円~30万7472円
所在地:神奈川県横浜市保土ヶ谷区上菅田町
入居定員:115人
入居率:96.5%
看護・介護体制:2.0
ベテラン職員比率:36.4%
看取り:あり

「24時間看護師常駐で安心」「レクリエーションが充実」「施設長の誠実な人柄と理念が全職員に行き渡っている」──紹介業者相談員からそんな声が集まり、ランキング1位に輝いたのが「フェリエ ドゥ 横浜鴨居」だ。

「スタッフも訪問者の方も、建物に入るとまずは“手洗いとうがい”が鉄則です」と語るのは施設長の宮本こま子氏(写真)だ。開所から7年間、感染症は一例も発生していないという。

宮本こま子氏

「フェリエ ドゥ 横浜鴨居」施設長の宮本こま子氏

「私がこちらの施設を担当することになって6年が経ちます。それ以前は空き部屋も多く、スタッフ教育も中途半端な印象でしたが、少しずつ“利用者第一”の意識を浸透させてきました」(宮本氏)

 天気の良い日は、緑の生い茂る屋上庭園で散歩したり、日光浴を楽しんだりする入居者も多い。1階の食堂ではスタッフ全員が入居者と一緒に食事をとる。

「皆でそろって食べることで、より親しい家族のような関係になれると思っています」(宮本氏)

 サークル活動も盛んだ。

 野球好きが集まった「好球クラブ」は経理担当の女性が部長。年に3回、千葉マリンスタジアムや東京ドームなどで入居者と一緒に観戦を楽しむ。

「利用者の方とスタッフでの女子会も人気のサークル活動です。近所の喫茶店や横浜のラーメン博物館などに出かけています」(宮本氏)

第2位 ラ・ナシカ みさと

ラ・ナシカ みさと

「ラ・ナシカ体操」を行う入居者の皆さん

●獲得ポイント44

入居一時金:46万~424万円
月額利用料:12万0300円~18万3300円
所在地:埼玉県三郷市高州
入居定員:60人
入居率:88.3%
看護・介護体制:3.0
ベテラン職員比率:8.0%
看取り:なし

「カラオケルームやシアタールームなど利用者が楽しめる工夫が豊富」「リハビリが充実」「価格がリーズナブル」——などの声が相談員から寄せられた。

 リハビリを目的に毎日自由参加で行なわれるオリジナルの「ラ・ナシカ体操」は利用者からも好評という。

 食事にもこだわり、季節のメニューを揃えるのはもちろん、月に最低3回は入居者自身が選べるセレクトメニューを用意する。

第3位以下へ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 介護施設の被害者 より:

    以前母が入居して職員による精神的ないじめを受け退去した介護施設がこちらのサイトで堂々とさも優良な施設として紹介されているのを見て驚きました。とんでもないことだとコメントをしようかと思いましたが、その前にぶしつけなことをお伺いします。こちらのサイトはご紹介されている介護施設から報酬を受けていますか?報酬を受けているのならコメントしませんが、そうでなくてもいくら本当のことであっても施設にとって都合の悪い内容のコメントはサイト内に掲載を控える、というのは報酬を受け取っているからと思われても仕方ありません。しかしそのような態度が内容の悪い施設を助長させ、入居者とその家族を泣かせることになっています。私の母がいたその介護施設では嫌になって退去した人もいましたが、退去させられない入居者の家族から「お父さんをとんでもないところに入れてしまった。どうしよう。」と泣きつかれたこともあります。よろしいのですか、そんな施設を堂々と紹介して…?

    2+