2017.01.16 |ヘルス   

【週刊脳トレ】注意力と学習力を高める脳トレ「色違い読み上げ」

 年を取ると、若いころに比べて考えたり調べたり観察したりといったことが少なくなり、脳に喝を入れる機会も減ります。そんなときは『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)にチャレンジして、脳に刺激を与えてあげましょう!

 * * *

 脳は働かせれば、それだけ血流が増加して神経細胞の代謝が良くなり、神経細胞間の情報伝達もスムーズになっていきます。毎日、少しでもいいので読み書き計算やパズルなどを行うことは、脳に対してとてもいいのです。

 今回は脳だけでなく、口も使うトレーニング「色違い読み上げ」をやってみましょう。

注意力」と「学習力」を鍛えます。単なる漢字の読み上げとは違うので戸惑うかもしれませんが、脳の刺激に効果的なトレーニングなので、ぜひ挑戦してみてください。MCI(軽度認知障害)の改善や認知症の予防のためにもオススメです。

色違い読み上げに挑戦!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。