2017.01.14 |サービス   

個別の機能訓練に対応した介護付有料老人ホーム<後編>

ツクイ・サンシャイン成城

 世田谷区にある「ツクイ・サンシャイン成城」。1983年3月に福祉事業部を作り、訪問入浴を開始して以来、福祉に取り組んできた株式会社ツクイが運営している介護付有料老人ホームだ。福祉事業部ができたのは、創業者の母親が認知症を患ったことがきっかけだという。また、ツクイは従業員が家族の介護と仕事を安心して両立できるよう職場環境の整備にも取り組んでいる。こうした介護事業を行う会社としての実績は、安心材料の一つだ。

 前編では、理学療法士など専門家9名で編成された機能訓練チームなどの特徴を紹介した。今回は施設長の吉村大輝さんに入居者と家族に安心感を与えている秘密をさらに聞いていく。

施設_ツクイ8

介護福祉士の資格を持つ施設長の吉村さん

毎日の食事を楽しむためのセレクトメニュー

 高齢者向け施設では、毎日の食事の重要度が高い。栄養を取るためであり、服薬の機会であり、そして食事の味や他者とのコミュニケーションを楽しむ時間でもある。

 ツクイ・サンシャイン成城では「セレクトランチ」を実施している。月曜日から金曜日、約10種類の中から昼食を選ぶことができるのだ。メニューは週替わりで、入居者の要望も取り入れている。例えば、オムレツ、きつねうどん、サバの味噌煮、チキンクリーム煮、ハヤシライス、ミートソーススパゲッティ、牛丼、焼き魚、酢豚…といった中から、事前予約なしにその時に食べたいものを選ぶことが可能だ。毎日厨房で調理して、できたてを提供している。

施設_ツクイ9

テーブルがゆったりと配置された食堂

 また月に1度はバイキングを実施していて、和洋中から好きな料理を好きなだけ食べることができるという。ほかに、おせち料理やひな祭りのお膳などのイベント食も楽しめる。

 味や栄養が普通食とできるだけ変わらないように調理される嚥下食もある。栄養士も配置されているため、嚥下状態が突然変わっても対応可能とのこと。

 食事と並んで重要度の高い入浴についても配慮されている。大浴場と、座位型・寝台型の2種類の特殊浴槽、個別浴槽が用意されている。入浴イベントも行われていて、冬至には柚子湯が用意された。入浴後には柚子茶も楽しんだという。

施設_ツクイ10

施設内で育てた柚子で柚子湯を楽しむ

広くゆとりのある施設が満足度の秘密

 前出の施設長・吉村さんに、この施設のポイントを聞いた。

「理学療法士とマッサージ指圧師が常勤でいます。これに加えて、各施設を巡回している言語聴覚士、機能訓練補助員を含む9名で機能訓練チームを作っています」(吉村さん、以下「」内は同)

 機能訓練に9人の人手を割いている施設はなかなかないだろう。人数が確保されているため、近所への散歩や商店街への買い物に出るなどの機会を多く作ることができているという。

「敷地が広いので日常生活を送るだけでも、かなりの運動量になりますよ」

 高齢者は運動能力の低下と気持ちの問題も相まって、必要な運動量を確保するのが難しいことが多い。しかし、ここでは恵まれた広い敷地があるため生活の中で自然と運動量を確保することができているようだ。

施設_ツクイ11

屋上も歩きやすいように整備されている

看取りへの真摯な取り組み

 看取りのことは、本人、家族共に気になるポイントだ。最期まで同じ所で過ごせればそれに越したことはないと思うのが自然だろう。どういった状態になった時にどういったことをしてくれるのか、入居時に確認が必要だ。入居時に看取りの対応を決めていても、実際にそういった状況に直面した家族が気持ちを変えるという話もよく聞く。そういう意味では、事前にどういった対応が可能か施設側と機会を作って詳細に確認しておきたいところだ。

「当然ご本人の意思があり、そこにはご家族の思いもあり、主治医の理解と協力の下、私たちがその思いが叶うよう寄り添い、看取りを行っています」と吉村さんは語る。

 聞けば、ここ最近では年に10人前後の看取りを行ったという。高齢者施設を探し、入る際に頭の片隅にある看取りもここでは体制が整えられていて安心だ。ツクイ・サンシャイン成城では、介護度が重くなったことで退居しなければいけなくなることはない。もちろん、医療的な処置が必要と医師が判断し、入院がふさわしいケースもある。しかし、退院すれば医師や家族の判断で施設に戻ることができる。

施設_ツクイ12

最期まで自分の部屋で過ごすことが可能

「すぐに介護の必要がない方が将来のために見学することは大歓迎です。見学をすることによって、高齢者施設に対する見方も変わってくると思います」

 見学時には入居者の過ごし方、スタッフの様子を見ると良いと吉村さんはアドバイスをしてくれた。ツクイ・サンシャイン成城は、入居者が自分の部屋から出て、オープンスペースで自由に過ごしている様子が目立つ。そのため見学時に普段の様子がよく分かる。

「お客様の安心と安全、そしてなにより『笑顔』という目標に向かってスタッフが一丸となっています」と話す吉村さん。100人以上いるスタッフ個々のレベルアップのために研修を行っており、この日は法令順守の全体研修が行われるという。

 ツクイ・サンシャイン成城は、当たり前のことを日々間違いなく行っている安心感がある。実際、入居希望者も多く人気も高いようだ。この施設への入居を検討できる幸せな方は、ぜひ足を運んでみてほしい。ちなみに、最大6泊7日の体験入居は1泊2日(3食+おやつ付)で1万円(税抜)だ。

施設_ツクイ13

【データ】
施設名:ツクイ・サンシャイン成城
公式WEBサイト:http://www.tsukui-sunshine.net/home/seijo/
所在地:東京都世田谷区上祖師谷6-29-19
最寄駅:京王線「千歳烏山」駅西口より徒歩15分
類型:介護付有料老人ホーム
運営主体:株式会社ツクイ
敷地面積:4725.07平方メートル
延床面積:4622.02平方メートル
室数:125室
入居要件:要支援・要介護
構造:鉄筋コンクリート造3階建
開設年月日:2010年5月1日
料金:
【月払い方式】
月額利用料39万5千円(内訳は居室料18万円・管理費14万9千円・食費6万6千円<30日分>)
【一時金方式】
・一時金600万円プラン/月額利用料33万5千円(内訳は居室料12万円・管理費14万9千円・食費6万6千円<30日分>)
・一時金1000万円プラン/月額利用料29万5千円(内訳は居室料8万円・管理費14万9千円・食費6万6千円<30日分>)
・一時金1800万円プラン/月額利用料21万5千円(内訳は居室料0円・管理費14万9千円・食費6万6千円<30日分>)

撮影/津野貴生

【この記事の前編を読む】

→このシリーズの一覧を見る

 

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。