2017.02.13 |暮らし   

仕事と介護の両立を!自分らしい働き方を応援する「改正育児・介護休業法」を解説

【PR】 

 今年1月、「改正育児・介護休業法」が施行された。改正のポイントは、「これまでよりも働きやすく、休みやすい」。具体的にどのように変わったか、ポイントを5つにまとめて解説する。

* * *

■介護のために仕事を辞める人は「1年間に約10万人」

 家族に介護が必要になったとき「休めないから辞める」という道を選ぶ人は少なくない。そんな介護離職者の数は、なんと年間約10万人。
 
 このような状況を打破すべく、平成29年1月1日に「改正育児・介護休業法」が施行された。その5つのポイントはこちら。

「改正育児・介護休業法」でここが変わった!

kaigohyo05

 このほかに、「介護休業の給付金が大幅にアップ!」した点も見逃せない。 

 それでは、1つ1つのポイントについて、くわしく見ていこう。

ポイント1:介護休業の分割

「介護になった母を入院させないと」「介護施設に父を入居させるので、下見に行ったり、面談をしたり、準備が必要」など、介護をしていれば長期間の休みが必要となる。
 
 従来の介護休業制度でも、対象となる家族1人につき、93日間まで介護休業を取得することが認められていた。ただし、原則1回しか休みを取ることができなかったため、例えば入院の手続きなどで1回使ってしまえば、その後にまとまった休みを取ることはできなかった。

 ただ、介護休業が1回取れればよいかと言えばそうではない。例えば、介護を必要とする家族が入院するときや退院するとき、施設に入居する準備期間など、介護が必要となる時期は何回もあるからだ。

■介護休業を3回まで分割できるように

 今回の改正で、93日間の介護休業を3回まで分けて取ることが可能になった。これにより、こんな使い方が可能となる。イラスト こうした休み方ができると、「1回しか取れない介護休業をいつ使おうか」「もう介護休業を取ったので、次に母に何かあっても休めない」などといった悩みから解放され、仕事が続けやすくなる。

 さらに介護休業の対象となる家族の範囲も拡大された。「同居・扶養していない祖父母、兄弟姉妹および孫」も介護休業の対象に加わったのだ。

ポイント2:介護休暇の取り方が柔軟に

■そもそも介護休暇とは?

「介護休暇」とは、介護“休業”とはまた別モノ。介護をしながら働く人が、「親を病院に連れて行く」など、家族の介護や世話のために1年に5日(対象家族2人以上なら10日)まで取れる休暇のことだ。

■休みが1日単位から半日単位へ

 これまでの介護休暇は、1日単位でしか取れなかった。それが今回の改正で、半日単位で取ることも可能になった。
 
 これにより、例えば、こんな使い方ができる。半日休暇B

 ほかにも、「介護中の母が急病でデイサービスに行けなくなったので、午前と午後にわけて、夫婦が半日ずつ休暇を取って対応」「午前はヘルパーさんの手配ができなかったので、介護休暇を半日取って対応、午後からは出社」といった柔軟な働き方ができるようになる。

ポイント3:労働時間の短縮等の措置を延長

 ここまでは、介護のための休業や休暇について紹介してきたが、ここからは「介護する人の普段の働き方から、介護との両立をしやすくする」ポイントを解説していく。

 仕事と介護を両立しやすくなるポイントとは!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。