2017.02.13 |ヘルス   

【週刊脳トレ】数字の計算よりも遂行力を鍛える「推理計算」

 足し算や引き算をするだけでも脳は鍛えられます。でも、ただの計算ではちょっと物足りない…と思う人は『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみてはいかがでしょうか。

 * * *

 考える、判断するなど脳を使うと血流が増えることが知られています。脳の血液循環を改善して、神経細胞間の情報伝達が円滑になることが重要なポイントです。

 単純な計算をすることでも血流はアップしますが、今回は、そこにクイズ感覚を取り入れた「推理計算」をやってみましょう。一人でも大勢でも楽しめる問題です。

 これは脳の前頭葉の一機能である「遂行力」を鍛えます。遂行力は、料理や組み立て作業のように、順序立てて作業をするとか、複数の作業を並行して行うときに必要な機能です。推理することでより高度なトレーニングになります。

 脳を働かせることは、認知症の予防やMCI(軽度認知障害)の改善につながります。ぜひ挑戦してみてください。

推理計算にトライ!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。