2017.05.05 |暮らし    60

親の介護でYOUの発言が話題!「どこか施設に入って」に学ぶこと

 シニア世代の50%以上が、「最期は自宅で迎えたい」と希望しているという(2012年内閣府の意識調査)。一方、その望みを叶えられるのは、わずか13%だけ。なんとか親の願いをかなえてあげたい。しかし…。

1717_you_800px
 親の介護をめぐり揺れる感情にYOU(52才)が一石を投じた。『婦人公論』(4月25日号)で清水ミチコ(57才)との対談ページに登場した彼女は、老後についての不安を吐露した。

《老後は心配。こんなに生きると思ってなかったんですよ。自分もだし、親もそう》

 そして、80才を超える両親についてこう語った。

《幸せなまま放っておけるのならいいけど、なかなかそうはいかない。「私は見られないから、どこか施設に入ってもらうよ」とは、もう話してるんです》

 この発言に「ご両親の気持ちが優先なのでは…」「ドライすぎる」という意見から「面倒を見るとは簡単には言えない」「言いにくいことをはっきり言ってくれた」と賛同する声が上がり、話題になっている。

「親の介護は子供がする」で追い込まれる人も

 施設に頼らず、「親の介護は子供がする」。言葉にすれば美しいが、実際には困難がつきまとう。

次のページでは専門家がYOUの発言を解説!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  60

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. よんよん より:

    要介護3車いす認知症の実母(80)を在宅介護をしています。
    食事とトイレと通院に追われる日々です。
    ケアマネさんデイサービス、ヘルパーさんや家族、地域の方々に助けてもらい5年の月日が経ちました。
    在宅によって家族の在り方と人間らしさを感じてます。
    そんなに苦じゃないです。
    でも旦那と中高生の子供たちには、感謝の気持ちでいっぱいです。

    さて、、
    「家を建てるのはプロですよね?」の記述

    リフォームやDIYって今流行ってますよね?
    自分で出来ることは挑戦してみて、難しかったらプロにお願いすればいいのでは?最初っからプロ!!
    発言は私にはナシです。
    全てプロに任せても別に構いませんが、公言することではないです。
    自分が年取って、こんな事を子供に言われたら悲しい。

    1+

  2. ころん より:

    在宅介護を選ぶかたもいます。ご両親やご自身の今後の生活に目処がつく方は
    離職してしっかり介護をする道もあるのでしょう。しかし核家族の多い時代
    大半はそれぞれの家庭を守るためで精一杯なんじゃないでしょうか?実親を
    捨てるわけではないのです。より安心、安全に皆が無理せず笑って暮らす事が
    大事なのです。親の老いゆくのを見るのは本当にかなしいです。でも親も子が
    すごく難儀する姿を見たら私たちよりもっと悲しい思いをするのではないでしょうか?

    5+

  3. レオ より:

    父亡き後、私も弟も結婚して家を出、独り暮らししていた母が60歳前で若年性アルツハイマーになりました。在宅、通所、交互で泊まり込みなどしてましたが、入所しなければ家族の誰かが仕事を辞めて24時間面倒を看るしかないまでに病気が進行していき、長い施設の空き待ちを経て入所しました。周りは母の親世代の方ばかりで面会の度に心苦しかったです。
    自分が赤ちゃんだった頃は同じことを親がしてくれたとか認知症になっても感情はあるとか精神論や理想をいえばきりがないです。でもそれに囚われていては経済的、精神的、肉体的に追い詰められることは間違いないです。メディアで取り上げられるのは明るく前向きに介護している家族ばかり。それはそれで立派だと思いますが、そうあらねばならないというのは違うのでは、と思います。

    8+

  4. 優しい父さん より:

    小生、67歳のじいちゃんです。
    現役の技術者として、まだ働いています。
    10年以上前から、週3回以上ジムにてトレーニングをしています。
    それというのも、TVでみた95歳の男性が、毎日15キロジョギングしているのをみて、こうありたいなあと思ったからです。
    病気なら、当然トレーニングできませんが、重篤な病気でない限り自分を律して、運動することで被介護状態を少しでも後に、伸ばす努力をすべきではないでしょうか。

    12+

  5. 太郎ママ より:

    主人の両親の介護経験者です
    睡眠が2時間~3時間の生活で 
    胃潰瘍になりお医者さんから入院を勧められたのですが
    子供も小さく 通院2年かかりました
    経験者だけに YOUさん発言がとても分かります
    そして 自分たち夫婦も 子供達に同じ思いをさせたくなのです。

    15+

  6. イチロウ より:

    この国の介護等を含む社会福祉の実態を北欧の諸国、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク等と比較しますと、そもそもこの国に生まれたこと自体が恨めしく思われます。

    この国では、出生後成人し、生活を維持することから死を迎える時までが、あの常套句「自己責任」で貫かれているようです。 ましてや、老齢期の国民の介護等は、「自己責任」の最たるものとされているようであり、家族が居れば家族ぐるみで「自己責任」、居なければ、それこそ「自己責任そのもの」となり果てます。

    処が、上記の北欧諸国を列記し、介護、福祉、と並べて、ネット検索しますと、各国の事情が調べられますが、自分が生まれた国と比べては、天を仰ぐことになるでしょう。

    其処には、生まれる前から国が国民に手厚い福祉の施策を持って未来の国民を迎えてくれる実態があるのです。

    従って、例えば、スウェーデンの国民は、付加価値税の税率25パーセントにも文句を言いません。 

    このような国に生まれたならば、誰に言われるまでも無く、愛国心を強く持つでしょう。

    時、恰も確定申告の時期です。 国民が、篤い愛国心を抱いて納税義務を果たせるように福祉の拡充をして欲しいものです。

    7+

  7. きなこもち より:

    父の介護してたけど、家で介護するのはかなり大変だった。自分の精神がすり減るし、小さな事でイライラしてくる。任せられる事は専門家に任せた方がいい場合も多々ある。父も施設や病院にいたけど、ちゃんと顔を見せに行く事が出来るなら、それも良いと思う。正直、家にいるより誰かの目が常にある施設や病院にいてくれた方がこっちも安心する。

    13+

  8. メイ より:

    介護は、綺麗事は言っていられない。いくら肉親であっても、時には嫌悪感や、憎しみに近い気持ちにもなる。それを、批判するのは経験のない人かもしれない、、誰でも、当事者の立場に立たされて初めてわかると親をみているものとしての気持ちです。

    36+

  9. はなわる より:

    ゆうさんの一言をインターネットで見たとき、衝撃の電気が体をかけめぐりました。
    勇気でました。
    今まで自分の自己満の為に何でも親の世話をしてきましたが、大嫌いな父で関わる度に私の持病(不整脈の発作)がでていました。ゆうさんの意見が私を一歩前に進歩させてくださいました。今は大嫌いな父の面倒はみません。(不思議と父からお前の世話には絶対にならない)って言ってきたのである意味ラッキーでした。今度は私が息子や娘の邪魔者にならないように自分は自分の責任をとる番です。

    29+

  10. イチロウ より:

    介護してくれる子供が居るか、要介護基準をクリヤーして公費を頼り施設へ入れるか、何方も頼らずとも自費でどの様な施設へでも入れるか、この三者の中の一者でない者には、地獄が待っている。

    そして、地獄を待つ者の比率は、今後とも増大する。

    その結末は、消防なり警察なりに尻拭いが廻って来る。 否、もう廻って来ている。

    我が家の周辺では、既に、何人もが孤独死をしているから。 

    注、孤独死すると法令上は、不審死なので、警察が調べ検死しなければならない。

    14+