2017.05.05    81

親の介護でYOUの発言が話題!「どこか施設に入って」に学ぶこと

 シニア世代の50%以上が、「最期は自宅で迎えたい」と希望しているという(2012年内閣府の意識調査)。一方、その望みを叶えられるのは、わずか13%だけ。なんとか親の願いをかなえてあげたい。しかし…。

1717_you_800px
 親の介護をめぐり揺れる感情にYOU(52才)が一石を投じた。『婦人公論』(4月25日号)で清水ミチコ(57才)との対談ページに登場した彼女は、老後についての不安を吐露した。

《老後は心配。こんなに生きると思ってなかったんですよ。自分もだし、親もそう》

 そして、80才を超える両親についてこう語った。

《幸せなまま放っておけるのならいいけど、なかなかそうはいかない。「私は見られないから、どこか施設に入ってもらうよ」とは、もう話してるんです》

 この発言に「ご両親の気持ちが優先なのでは…」「ドライすぎる」という意見から「面倒を見るとは簡単には言えない」「言いにくいことをはっきり言ってくれた」と賛同する声が上がり、話題になっている。

「親の介護は子供がする」で追い込まれる人も

 施設に頼らず、「親の介護は子供がする」。言葉にすれば美しいが、実際には困難がつきまとう。

次のページでは専門家がYOUの発言を解説!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  81

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 匿名 より:

    子どもは保育園に預けて自分で子育てしない時代。仕事の休みの日まで保育園に連れてって自分の時間を優先する親に限って、自分の老後は子どもに面倒みてもらおうって思ってそう…。
    子どもが保育園でがんばった分、老後は老人が老人の施設で過ごして何が悪いの??
    資金の問題がクリアできれば私は子どもの時間を奪わずにすむなら老人ホームで過ごしたいけど…。

    7+

  2. 匿名 より:

    結局のところ、
    なまじっか普通の収入があり、
    それなりに資産があれば、
    逆に大変な制度設計になっている。

    何年でも介護費用を出せる資産があるか、
    それがない場合は、
    いっそのこと、
    非課税に認定されるほど年金も少なければ、
    一概には言えないけれど、
    長い介護にも、その費用にも耐え、
    介護されている人にも精神的にも寄り添い、
    最後まで、穏やかに見送ることができるかもしれない。

    なまじっか「普通」だと、
    少なくとも生計的には、
    地獄の憂き目を見る。
    貯金など、あっという間に消えてしまうでしょう。

    12+

  3. 匿名 より:

    それに、在宅でヘルパーさんを派遣してもらうと言っても、
    簡単に毎日は、来てもらえませんよ。
    週に何回、何時間としか。

    要介護度によりますが、
    おむつ交換とか、清拭といっても、
    真夜中や早朝、24時間というわけにもいかない。

    決定した介護度や派遣条件を超えて依頼すると、
    介護保険適用外となり、10割負担となります。
    それがどれほど高額か。

    保険が適用されるからこそ、月額も数万円で済むので、
    適用外10割、自己負担となれば、
    月額、要介護度が高くなれば、
    何十万という単位になります。
    (介護保険では要介護度5でも月額35万円が月額3万5千円で済む。)
    一定額が決まっている施設のほうが安い場合も。
    介護破産もありうる。

    1000万や2000万円なんて、
    長引く介護には、
    「焼石に水」、「ひとえに風の前の塵に同じ」
    ということにもなります。

    11+

  4. 匿名 より:

    >年金を月に三十万円以上貰い、資産が五千万から一億あれば別ですがね。 

    月30万円あっても、足りませんよ。
    高級老人ホームの話ではなく、

    国の施設で安いと言われる「特養」でも、
    非課税世帯なら、減免措置が受けられるけれど、
    課税世帯では、一割負担でも15万円〜16万円は支払いがあるし、
    特養なら、医療費や散髪代その他は別。

    2割負担や、3割負担では、20万円~30万円を支払い、
    療養型病院では、毎月の請求額が30万円は必要。
    パジャマやリネン類も持ち込み禁止で、
    セットで購入を義務づけられ、
    ほぼ10万円くらいの購入費が、合算されますから。

    残った家族と別生計で、
    それを支払って終わりならいいけれど、
    生計が同じなら、残った家族も、生活費が要る。
    とても、30万円くらいじゃ暮らせないですよ。

    6+

  5. 匿名 より:

    年金を月に三十万円以上貰い、資産が五千万から一億あれば別ですがね。 

    7+

  6. ワッチ より:

    私の母が要介護4で、父と二人暮らしです。ケアマネージャーさんとヘルパーさんが5人、朝から、時間をずらして1時間ずつ位来てくれて、トイレ介助や入浴介助、食事の支度等をしてくれています。介護は一人では絶対無理です。介護する側が先に死んでしまいます。私は新幹線で毎月数日ずつ、介護に通い、その時は2泊3日間不眠不休です。

    7+

  7. 介護福祉士 より:

    現役のデーサービスで働く40代の介護福祉士です。永年この業界で仕事をしていても、車椅子の義母、認知症の母、歩行器を使用している父に優しくは出来ません。
    自宅介護の限界を考える今日この頃ですが、私の住んでいる都内でも施設が出来る様子ですが、どこも待機待ちなのは歴然です。また、何より、働き手不足、働き手の奪い合いにしかなりません。子供の待機ばかり取り上げますが、もっと高齢者、独居者をメディアで取り上げ、日本全体で少子高齢化を考えて行かなくてはいけないと思います。

    22+

  8. 匿名 より:

    介護を育児と考えてとのコメントがありますが…育児と介護は全く同じではありません。
    最も大きい違いは育児は終わりの時期がわかっているけど、介護の終わりはわからないということではないでしょうか?
    赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんではありません。オムツの取り替えがあと何年必要か?大体読めます。介護は何年続くのか、この生活があと1年なのか30年なのかわからないのです。
    この生活からいつ解放されるのか?全く読めないですよね。医療の発達で人生100年時代と言われています。解放される時とはつまり要介護状態から改善して介護不要になるか、もしくは亡くなるかのどちらかなのです。介護をしていてキツイことの一つは解放されるのをどこかで願っている自分に気づいた時の葛藤でもあります。
    体力的にも赤ちゃんと違って大人は重いのでベッドから車椅子への移乗一つとっても重労働です。育児と介護を同じと考えてみてくださいというお考えには疑問しか感じません。

    39+

  9. 佐久間 一夫 より:

    『数千万円を超えるような入居一時金と、20万円を超える月額利用料を支払える人は少ない。』 『少ない』ではなくほとんどの人でしょう。
    介護を営利(のみの)事業とみて施設を作る人が多すぎる。

    33+

  10. 三つ葉 より:

    今 70才の私ですが 夫や両親も送りましたが その上で ?敢えて言わせ貰うなら 矢張り 何をするにも 経済的余裕があればこそ ! これに尽きると思う。

    43+