2017.05.05 |暮らし    52

親の介護でYOUの発言が話題!「どこか施設に入って」に学ぶこと

 シニア世代の50%以上が、「最期は自宅で迎えたい」と希望しているという(2012年内閣府の意識調査)。一方、その望みを叶えられるのは、わずか13%だけ。なんとか親の願いをかなえてあげたい。しかし…。

1717_you_800px
 親の介護をめぐり揺れる感情にYOU(52才)が一石を投じた。『婦人公論』(4月25日号)で清水ミチコ(57才)との対談ページに登場した彼女は、老後についての不安を吐露した。

《老後は心配。こんなに生きると思ってなかったんですよ。自分もだし、親もそう》

 そして、80才を超える両親についてこう語った。

《幸せなまま放っておけるのならいいけど、なかなかそうはいかない。「私は見られないから、どこか施設に入ってもらうよ」とは、もう話してるんです》

 この発言に「ご両親の気持ちが優先なのでは…」「ドライすぎる」という意見から「面倒を見るとは簡単には言えない」「言いにくいことをはっきり言ってくれた」と賛同する声が上がり、話題になっている。

「親の介護は子供がする」で追い込まれる人も

 施設に頼らず、「親の介護は子供がする」。言葉にすれば美しいが、実際には困難がつきまとう。

次のページでは専門家がYOUの発言を解説!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  52

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. はなわる より:

    ゆうさんの一言をインターネットで見たとき、衝撃の電気が体をかけめぐりました。
    勇気でました。
    今まで自分の自己満の為に何でも親の世話をしてきましたが、大嫌いな父で関わる度に私の持病(不整脈の発作)がでていました。ゆうさんの意見が私を一歩前に進歩させてくださいました。今は大嫌いな父の面倒はみません。(不思議と父からお前の世話には絶対にならない)って言ってきたのである意味ラッキーでした。今度は私が息子や娘の邪魔者にならないように自分は自分の責任をとる番です。

    13+

  2. イチロウ より:

    介護してくれる子供が居るか、要介護基準をクリヤーして公費を頼り施設へ入れるか、何方も頼らずとも自費でどの様な施設へでも入れるか、この三者の中の一者でない者には、地獄が待っている。

    そして、地獄を待つ者の比率は、今後とも増大する。

    その結末は、消防なり警察なりに尻拭いが廻って来る。 否、もう廻って来ている。

    我が家の周辺では、既に、何人もが孤独死をしているから。 

    注、孤独死すると法令上は、不審死なので、警察が調べ検死しなければならない。

    4+

  3. ミスターライオン より:

    こちらの方が話してる施設というのは、高級なリゾート型の有料老人ホームかサービス付き高齢者住宅じゃないでしょうか。 たくさん払うのでわがまま言いたい放題かもしれない。 一方で賃金が安く貧しい施設もかなりあります。こういう所はスタッフが経営理念のポエムの下余裕なくヒーヒー言いながら現場で働いているのが現状です。同じ介護施設でも二つに分かれますよ。同じに考えてはいけない。

    4+

  4. ようちん より:

    なにが良い悪いではありませんが、人は「死に様が生き様」とも聞きます。人生100年時代の昨今は、介護の状態になったときにそれまでの生き様が出るような気がします。

    6+

  5. 還暦 より:

    子供の人生壊すくらいなら、
    私は是非施設にお願いしたいですね。

    年取ったら認知になるものとして
    なったときは、どうしてほしいか書面で残しておかないとって思うこの頃。
    自分が認知になった時、きっと施設入居を猛烈に拒否すると思うから

    26+

  6. 分かる より:

    YOUの意見に賛成だ。
    しかし、YOUはまだ収入とかが良いから、親を施設に入れられるが、そういう人ばかりではない。
    親の介護のために自分の残りの人生を犠牲にしなければならないなら、死んだほうがまし。だから施設に入れるのは当然。自分で自分のことができなくなったら、もうそうするしかない。最後の望みなんざ、他人に御構い無しの自己満足以外で何者でもない

    19+

  7. 沈没船 より:

    ウンコをこねくりまわし、昼夜問わず同じことを叫び続け、ご飯もろくに一人で食べられないキチガイになります。そんな老人看れますか?特養老人ホームはそんなのがうじゃうじゃいます。家族もめったに来ません。当たり前です、ここにくるまでに家族は殺したいほどクタクタになっていてもう顔さえ見たくないんですから

    46+

  8. とんこ より:

    施設に入れるのも、簡単でないと思う。プロに任せると言うが、介護施設は、人員不足で利用者や入居者の思いを大切にしたいと思いながらも時間に追われて、何してるんだかと思う。自分や自分の親がと思うと良いとは思えない。世の中が、みんなの考え方がなんとか良い方向にならないものかと思います。介護職員は、それでも必死に頑張っている人が沢山いる。
    なので、家族もプロに任せきりにしないで欲しい。政治ももっと介護職員が増えるように考えて欲しいです。

    26+

  9. 通りすがり より:

    月に20万も払うぐらいなら、介護士雇ったほうが良くないか?

    11+

  10. きりん より:

    この3月にこの問題に直面しました。
    母の近くで世話をしてくれていた姉が
    入院となり、突然母の介護がまわって
    来ました。90を過ぎた母とは40年以上
    離れて暮らしており、2人の距離感を
    どう詰められるかも不安だらけ。
    とにかく車を4時間飛ばして帰省
    しました。
    幸いまだ自立した生活が可能なため、
    それを条件とした施設に入ってもらい
    ました。最初は断固拒否でしたが、
    たまたま若い時からの知り合いが
    入居しており、態度が一変して
    承諾してくれました。
    それからの母の変化にしばしば驚か
    されます。
    背筋が少し伸び、遠かった耳も改善、
    割れるような音量のTVも許容範囲に
    なりました。
    以前は家から出歩く事も出来ない
    ため終日TVの前に居ましたが、
    施設内を散歩するようになりました。
    家の飾りのように沈み込んでいた生活から
    同じ高齢者と同じ建屋で暮らすことで
    外との接点、自分の立ち位置の確認が出来、
    今のところそれがプラスになっていると
    思います。
    施設の持つ力を感じました。これは
    在宅では不可能です。
    プラスばかりでは無いと思いますが、
    今は安定した生活を送っているようです。
    これも健康上の問題が無いから可能という
    前提に成り立っています。
    幸い費用は父の残してくれた遺族年金で
    賄えています。
    次の段階では付き添い介護となりますが、
    しばらくはここで過ごしてもらえればと
    思います。

    20+