2017.05.05 |暮らし    16

親の介護でYOUの発言が話題!「どこか施設に入って」に学ぶこと

 シニア世代の50%以上が、「最期は自宅で迎えたい」と希望しているという(2012年内閣府の意識調査)。一方、その望みを叶えられるのは、わずか13%だけ。なんとか親の願いをかなえてあげたい。しかし…。

1717_you_800px
 親の介護をめぐり揺れる感情にYOU(52才)が一石を投じた。『婦人公論』(4月25日号)で清水ミチコ(57才)との対談ページに登場した彼女は、老後についての不安を吐露した。

《老後は心配。こんなに生きると思ってなかったんですよ。自分もだし、親もそう》

 そして、80才を超える両親についてこう語った。

《幸せなまま放っておけるのならいいけど、なかなかそうはいかない。「私は見られないから、どこか施設に入ってもらうよ」とは、もう話してるんです》

 この発言に「ご両親の気持ちが優先なのでは…」「ドライすぎる」という意見から「面倒を見るとは簡単には言えない」「言いにくいことをはっきり言ってくれた」と賛同する声が上がり、話題になっている。

「親の介護は子供がする」で追い込まれる人も

 施設に頼らず、「親の介護は子供がする」。言葉にすれば美しいが、実際には困難がつきまとう。

次のページでは専門家がYOUの発言を解説!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  16

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。

  1. 引きこもり より:

    一昨年の12月に父親が他界し、足の悪い母親と2人暮らしです。住まいが3階にあり、そこまでは急な階段の上り下りです。色々考えて施設に入れた方が安心だと思いパンフレット、施設巡りケアマネージャーさんに相談してここだというところに決めたのですが、母親が頑として入りたがらない。デイサービスを頼んでも自分で断ってしまう。無理に入れようとするとその夜中から物を投げて暴れまくる。子供がいいと思ってても母親は違ってました。あんたが面倒見ろと言われてるみたいです。自分自身動くのも外に行くのも億劫になりました。こんな事書いてはいけないと思うのですが、早く死んでほしいと思ってます。編集部さんすいません、不適切な言葉が入ってしまってますよね。

  2. ごりむちゅう より:

    施設に入れるのはかわいそうとかあほかっての。
    そんな感情論だけでモノ言ってたら、親も子供もいずれ共倒れになるだろうが。
    在宅介護の負担を軽くするためのサービスなのに、使って何が悪いって言うんだ。
    苦労した経験がないからそんなこと言えるんだよ。
    仕事しながら面倒見てって、大部分の人は心身削りながらやってんだよ。

  3. びば より:

    介護保険法で「施設」は、特養、老健、療養型の3つだけです。サ高住や老人ホームは施設ではありません。もちろん一般の方はそんな違い知らないわけですが、プロのコメントでそんなこと言ってはいけません。

    なお、自分が介護しなくてもデイサービスや訪問介護を利用する方法もあります。最近は、小規模多機能や定期巡回といった、定額で回数の制限のないサービスもあります。「自宅で自分が介護」と「施設」の2択しかないと思い込んでいる状況こそ、改善するべきところです。

    選択肢はもっっっっとたくさんありますよ。

  4. 施設のケアマネ より:

    在宅で親御さんの介護をされる娘さんやお嫁さんが「優しくなれない。」「自分が鬼になったのかと思う。」と涙ぐまれることがあります。
    一対一はかなりきついです。まして昔のお元気な頃の親御さんをご存知であるご家族が介護をするというのは、切なく、辛いことであると思います。

    施設に入所して頂くことで一定の距離が出来る、そこから新しい関係性を作ることも出来ます。
    その為に施設はあるのだ、私たちはいるのだと考えています。

    ただ気をつけて欲しいのは、施設入所がゴールではないということです。
    施設の入所して頂いて、日常の介護は私たちがさせて頂きますが、やはり私たちは家族にはなれないのです。
    精神面の支えになって頂くのみならず、施設の内情も見て頂きながら、そのなかでどのようなケアをするのか、最期をどのように迎えるのかを決定する…等、ご家族にしか出来ないことは多々あります。

    在宅サービスにしろ、施設サービスにしろ、利用しながら「共に看る」という視点を持って頂けると、働く側としてはありがたいなあと思います。

  5. やまとも より:

    もう15年くらい前になりますが、私の祖母も痴呆症になり母がずっと仕事をしながら介護していました。
    私も結婚し、ちょくちょく実家にも長女を連れて行ってたのですが…
    少しずつ外出を控えたり、夕方になり部屋も暗くなってるのに電気もつけず、閉め切った部屋に1人ポツンと座っていたり。
    お化粧もせず、髪の毛もボサボサで、1日中家着でいました。
    真面目で明るかった母が…

    たまにデイサービスを利用していたので、すぐに入所手続きもできました。
    施設の職員の方々もとてもいい方ばかりで、うちは恵まれていたと思います。
    母も精神科の先生に診てもらいました。
    前みたいな笑顔が見れたのは、通院して3年くらい経ってからだったでしょうか…
    父も辛かったと思います。
    母と1日中一緒にいるのはキツイ…と。
    食事を作れない、メニューが浮かばない、何を食べても美味しくない、味がしない…
    私も時間があると実家に行き、食事の用意をしたり、父や母とたくさん話しました。
    私もそんな両親を見ていて、せつなかったです。

    介護は金銭的な面でも負担になりますが、でもやっぱり介護する人が病んでしまうのが1番キツイと思います。
    どうか私たちみたいになる前に、誰かに頼ったり、話を聞いてもらうだけでもずいぶん違うと思います。

    今となっては懐かしいねって、母も話してくれますが、その当時は死にたいと何度も思ったこともあったと聞きました。
    今、生きていてくれてよかった。
    いつも笑ってくれていて、安心しています。
    私も両親の介護のことを、少しずつ考えていかないといけないのかなぁ…と最近思います。
    どうか、思い詰めないで…
    何かいい方法があるはずです。

  6. 元介護職員その2 より:

    マスコミには是非介護職の現状も取り上げてほしいなぁ。
    まぁ、取り上げても視聴率や注目度が低いだろうから無理か。
    暴力事件は数字が取れるから嬉々として書くのにね(笑)
    私の腕には7年前に利用者に鷲掴みにされた爪痕が未だに残ってます。(それ以外の傷も多数。認知症病棟だからねぇ)
    認知症の男性で、違う部屋の女性利用者を奥さんと勘違いして真夜中に叩き起こそうとしてる所を止めた時に付きました。
    他、殴られ蹴られがあり、しばらくしてやっと落ち着く薬が出た辺りで違う病気で入院になりました。
    私たちが暴力=逮捕です
    利用者の暴力=無罪放免です
    介護の仕方が悪い?プロだから我慢?

    低賃金で?
    誰でもできると低く見られながら?
    なので私は辞めました(笑)

    介護職員で悩んでる方々。さっさと辞めた方が良いよ〜。心も体も壊れちゃうよ。
    誰でもできる、1ヶ月もやればプロ並みになれる仕事らしいんで家族に任せましょう!

    介護は利用者だけでなく、その家族の生活も救ってる大変だけど大切な仕事だと思って頑張ってました。

    今は違う職種で働いてますが、資格も取り、手取りも増え、休みも年間20日増え、やりがいもあり楽しい日々です。
    本当、何で14年も介護なんかしたんだろう‥

  7. 元介護職 より:

    14年特養で介護をしてました。
    介護の技術や知識がありますが、自分の親の面倒を見れるかと言われたら100%無理です。
    仕事だから大変な事も出来るのです。
    未経験の方が介護ってADLが自立しているならともかく、介護が必要なレベル、認知症が発症してたら目も当てられないでしょうね。
    私は認知症の方が多い病棟で勤務してましたが、職員一丸で褥瘡(床ずれ)ゼロ、抑制ゼロにしました。
    これは現場の看護、介護が頑張った結果ですがあまり評価はされません(笑)
    (介護系の道具を買う)金も出さず、代わりのアイデアも出さず、人の補充もしない、待遇の改善もしない残念な療養部長(トップ)は、自分の手柄のように褥瘡、抑制ゼロを他所でのたまってましたけどね‥

    褥瘡持ちの方は大体家庭からの入所です。自宅では夜中に1時間おきに体位交換は無理でしょう。(全自動でしてくれるベットもあるけど購入もレンタルもいい値段)

    【もし家族の方で入所に負い目を感じてるなら、定期的に利用者に会いに行って欲しいです。】

    切実に思います。大半の利用者が凄い喜びますんで。
    入所時と退所(入院か死亡)時にしか会わない家族も結構いましたし。

  8. 某介護職員 より:

    残念なコメントがあるのでちょい意見。
    一流の給料をもらっているカリスマ介護職員なんて居ないからね?
    国が介護報酬決めてるの分かってる?認知症利用者は食べた直後に食べてない助けてくれ虐められているとか言うよ?好きなだけ食べ物あげられる訳ないじゃん。栄養士いるんだよ?素人が作る節約料理じゃないんだから利用者の話を鵜呑みにしてコメントするのは害でしかないよね。似たようなクレームっぽい意見多いのよ。トイレ直後にトイレの訴えで連れて行ったって直前に行ってるんだから出ない事が多いのよ。毎度まともに連れていけるわけないじゃん。良くない職員って扱い酷いわ。靴履かせてるだけで切れて殴ってくる利用者もいるのよ?でもほぼ認知症無罪で治外法権よ?暴力するなら刑務所行くべきでしょ?捕まってる話聞いたことないよ?騒ぎ立てないだけさ。他の施設に打診しても断られまくって出すことも大変。職員は疲弊するのよ。利用者をふるいにかけてる厄介な利用者が少ない平和な施設がいい施設さ。暴力的な利用者が一人入るだけでも状況はひっくり返るがね。
    介護はボランティアではないよ?仕事さ、殴られてもめげない介護職員に感謝すべきさ、低賃金だよ?ダメ職員もいるけどね。認知症は夕方から寝る前が不穏のピークだよ、その時間に見学しなよ。軽度の認知症じゃあんまり分かんないけどね。自分の人生と親の介護は離した方がいいよ。介護もやりたいならやればいい。普通は他にやりたい事あるよね。親の人生と自分の人生は別よ。判断力が残ってるなら親だって分かってるさ。施設生活だっていいじゃん。自宅で生活してたって、家に帰ると言って徘徊しにでていっちゃうんだよ?みんな自由に生きようよ。

  9. 太郎 より:

    みんなお金持ちなんだな❗私は普通に面倒みてました。今思うのは悔いはないと言う事ですね。
    だって自分も老人になるんだから、皆さんもね。同じようにブーメランで戻ります。

  10. なお より:

    父が介護施設に入りましたが、ベッドから落ちて手の骨を折ったり、額を床にぶつけてたんこぶができるなどを繰り返しています。職員さんがいても、すべての利用者にまで目が届かないですね。

    また、他の利用者さんと雑談してみると、食事で出される量が少ないのでお腹が空くようです。なかなかたいへんですね。