2017.05.22 |ヘルス   

【週刊脳トレ】注意力と空間認知機能の向上に!「間違い探し」

 以前はスムーズにできたことが、年を取るとうまくできなくなることがあります。脳の機能も年齢とともに低下しがち。でも『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやれば、脳の元気を取り戻すきっかけになります。

 * * *

 考えることや記憶することは脳への刺激になり、血流を向上させます。血流が高まることで、脳の神経細胞から神経細胞への情報も流れやすくなってきます。

 今回は「注意力」と「空間認知機能」を高める「間違い探し」です。注意力は言うまでもなく、物事に注意する脳の働き。空間認知機能は、視覚から得た物体の形や方向、大きさなどを把握するときに働きます。

 認知症が不安な人はぜひ挑戦してみてください。MCI(軽度認知障害)の治療中の人にもオススメです。

脳トレに挑戦!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。