2017.06.29 |暮らし   

中年になって目指す人も多い、話題の臨床心理士とは?

小野けい子先生(放送大学教授)

小野けい子先生(放送大学教授)

 悩みの多い現代に、たいへん人気の高い資格が臨床心理士だ。昨春フジテレビ系「月9」枠で放送されたドラマ『ラヴソング』で、福山雅治が元ミュージシャンで今は企業カウンセラーとして働く主人公を演じたように、臨床心理士はごく身近な存在となりつつある。そこで、放送大学で臨床心理学を教える小野けい子先生に、臨床心理学とはどのような学問なのか、臨床心理士とはどのような資格なのかについて聞いた。

ひとりひとりの個性を見ることが必要とされる時代に

――近年、多くの大学が臨床心理士養成の大学院を開設するなど、臨床心理士のニーズはどんどん高まりを見せています。きっかけは何だったのでしょうか。

 広く知られるようになったきっかけは、’95年に「スクールカウンセラー事業」として文科省(当時の文部省)が臨床心理士をスクールカウンセラーとして起用したことでした。いじめと不登校が問題になり、生徒たちのひとりひとりの個性をみるという臨床心理学の視点が学校の中に必要だと判断されたわけです。ここ20年で、教育分野で活躍の場がある、と認知されたように思います。1995年の阪神・淡路大震災の折に、心のケアに活躍したのも臨床心理士という名前が広く知られるきっかけでした。

――そこまで必要とされている臨床心理士とは、どういった仕事なのでしょうか。

 一言で言うなら、人の心の問題に取り組む専門家。臨床心理学の基礎知識やさまざまなスキルを持ったうえで、心に問題を抱えている人に寄り添い、その人が問題解決をするための手助けをする人です。高度な専門性が求められるため、日本臨床心理士資格認定協会の指定した大学院修了後に試験に合格すると得られる資格です。

 うつや不登校など、どの家庭・学校・会社にもさまざまな問題があるでしょう? 地域社会や家族制度の中である程度解決できていた問題もあったと思いますが、核家族化し、高度情報化社会となり、地域のコミュニティーも失われつつあるいま、医療や福祉、企業、警察関連、司法の分野…と、人が存在するすべての場所に、心の専門家のニーズがあるといってもいいかもしれません。

臨床心理学はほかの心理学とここが違う

――臨床心理学は、一般にいう心理学とどこが違うのですか?

 臨床心理学は “実践の学” なんです。心理学というのは、幅広い分野を扱っていて、視覚の仕組みや記憶の仕組みなど、実験でデータを取り、科学的な手法に基づいて一定の法則を見つけるという実験室で育ってきた分野も多いのですが、臨床心理学は、医療の現場や教育の現場、また職業指導の現場で育ってきた歴史を持っていて、心の問題で困っている方を実際の場で援助する、まさに “実践の学” です。

――小野先生の放送大学大学院の臨床心理学プログラムでは、主にどんなことを学ぶのでしょうか。

 学ぶ内容の大きな柱の一つは、「アセスメント」という、その人がいまどんな状態にいるのかを見極める方法ですね。対話での方法もあれば、心理テストを用いる方法もあります。その心理テストも、質問紙法だけでなく、バウム・テスト(樹木画法)や風景構成法などという描画を用いた方法なども学びます。

 学ぶ内容のもう一つの大きな柱は、なんといっても「心理療法」についてです。フロイト派の心理療法、ユング派の心理療法、パーソン・センタード・アプローチ、認知行動療法など代表的な心理療法について、その技法を実際に用いた面接ができるよう、さまざまな方法や理論を学び、実際的な訓練も行っています。

――どのような方が学ばれているのですか?

 主婦からの出発の方もいらっしゃいますが、すでに心理カウンセラーとして現場で働いている方が系統立てて学び直し、臨床心理士資格を取るためにいらっしゃることも多いのです。家庭裁判所の調査官、警察官、助産師、教員として働いておられて、そのお仕事の中に臨床心理学・カウンセリングの知識や技術が必要だと入学してくる方もあります。

 中年になって臨床心理士を目指す人も多い

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。