2017.07.21 |暮らし    2

84才、一人暮らし。ああ、快適なり<第2回 老いはするが老人にはならぬ> 

 1965年に創刊し、才能溢れる文化人、著名人などが執筆し、ジャーナリズムに旋風を巻き起こした雑誌『話の特集』。この雑誌の編集長を30年にわたり務めたのが矢崎泰久氏。彼はまた、テレビやラジオでもプロデューサーとして手腕を発揮、世に問題を提起してきた伝説の人でもある。

 齢、84。歳を重ねてなお、そのスピリッツは健在。執筆、講演活動を精力的に続けている。ここ数年は、自ら、妻、子供との同居をやめ、一人で暮らすことを選び生活している。オシャレに気を配り、自分らしさを守る暮らしを続ける、そのライフスタイル、人生観などを連載でお伝えする。

 悠々自適独居生活の極意ここにあり。 

yazaki2-1

“若者の街”渋谷を闊歩する矢崎氏。帽子から靴までオシャレ心に溢れる

  * * *

オシャレの似合う老人こそ、素晴らしき存在 

「襤褸(ぼろ)は纏(まと)えど、心は錦(にしき)…」

 という言葉がある。身形(みなり)は貧しくても、心だけはシャンとしていろというわけである。

 老いるとついついオシャレを怠る。どうせ見栄えもしないし、服装などに金をかけたくないと思いがちなのだ。

 これはとんでもない誤りであって、オシャレの似合う老人こそ素晴らしい存在は他にない。それこそ惚れ惚れとする。

 私はみすぼらしい老人が大嫌いだ。醜いだけでなく汚れて見える。実に哀れである。口をへの字に曲げ、鼻眼鏡を気にもしない。それどころかヨボヨボとして頼りない。その上、僻(ひがみ)っぽいときている。

 こういう老人を見かけると、私は思い切りシャッキとなる。つまり、人の振り見て我が振り直す。老紳士たらんと自らを鼓舞し、志気を奮い立たせる。

 かと言って老いは老いとして自覚しなくてはならない。動作もスムーズではないし、言葉も滑らかというわけにはいかぬ。歩き方にしても明らかにモタモタしている。しかし、そのことに胡坐(あぐら)をかいてはならない。そこが大切だと思う。

yazaki2-2

「老い」は自覚していても、むしろ老紳士たれと自らを鼓舞するという

戦後から70年以上通う競馬場での出来事

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  2

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ゆーりん より:

    ステキです。
    私も独身で50代にはいり、老後を考えるようになりました。いずれは一人暮らしで毎日退屈でつまらない日々になるのかな、と思っていました。偶然見つけたこの記事を読んで元気もらいました。今から17回まで読ませていただきます。
    人は何で自分で出来ることがシアワセなこと。年を気にすることなく、たくましく優しく生きていきたいです。あと、オシャレに・・・ですね。人生の先輩に、ありがとうございます。

    1+

  2. けんちゃん より:

    65才、女房に先立たれポツンとしています。もう4年もたつのに、矢崎さんの一人暮らし読んで、回りが、明るくなった。今日は、何処かへ出掛けよう。

    0