2017.08.05 |暮らし

入居一時金0円の地域密着型介護付有料老人ホーム<後編>

施設_エスケア8

車椅子の貸し出しも可能。トイレは車椅子でも十分なスペースが確保されている

 共用部分も見ていこう。使用頻度が多く、日々の生活に大きく関わってくるのがお風呂と食堂だ。機械浴槽と個浴槽の2種類のお風呂が用意されている。機械浴槽はさらに2種類用意されており、状態に合わせて使い分けるという。また、個浴室は各居住階に2か所ずつ設置されていて、浴槽と壁の手すりが動くので、身体の保有能力を生かして入浴することができる。

施設_エスケア9

機械浴槽では立つ姿勢をとるのが難しい人も安全に入浴できる

 食堂などの共用設備には、高齢者向け施設や病院などで定評のある「ナゼロ」の椅子を入れるなど、デザインと機能性を重視した家具、調度品を採用。食事は家庭料理をメインに旬の食材を使っていて、栄養バランスにも配慮し、刻み食、ミキサー食、治療食など、食事制限が必要な場合の個別対応もしている。

施設_エスケア10

食堂兼機能訓練室は各階にあり、フロアごとに色調を変えている

施設_エスケア11

比較的リーズナブルにサービスを受けられる理美容室

挨拶と笑顔、コミュニケーションを最重要視

 高橋さんに高齢者向け施設を選ぶ際のポイントについて聞いた。高橋さんのお勧めは、「挨拶ができていて、笑顔が多いところ」。そういった部分で、スタッフがコミュニケーションをきちんととっているかどうかが分かるのだという。

「介護の仕事はもちろん大変なことも多いですが、挨拶と笑顔にスタッフが楽しみながら仕事をしているかどうかが表れます。相談しやすい雰囲気かどうかは、ご家族にとっても重要ですね」

 そして、やはり実際に施設のスタッフと会うことが重要なのだという。相談に乗れる体制は作っているので、気軽に来てほしいとのことだ。何に困っているかをできるだけ具体的に伝えれば、一緒に解決策を探ってくれる。高橋さんたちスタッフも適切な質問をしてくれるので安心だ。

「見学前は高齢者向け施設に対して暗いイメージを持っていた方もいますが、実際に見てもらうと変わります。こういった施設に対して、まだ拘束されているようなイメージを持っている方もいますが、開放感があって自由に出入りしている入居者様を目の当たりにすると、そういった心配がなくなるようです」

 百聞は一見にしかず。事前に申し込みをすると、食事付きの見学もできる。エスケアリビング墨田はまだ新しい施設で、これから雰囲気が作られていく。「地域で暮らすすべての方々の尊厳を支え、いつまでも健康で笑顔あふれる生活を送れるよう、医療と介護の連携を通じて社会の発展に貢献します」という企業理念を実現させるため、地域との関係も積極的に構築している。入居一時金を0円にし、利用しやすい月額利用料を目指しているそうした運営をぜひ見てほしい。

施設_エスケア12

【データ】
施設名:エスケアリビング墨田
公式WEBサイト:http://s-caremate.co.jp/service/jigyousyo/13_tokyo/sumida_living.html
所在地:東京都墨田区東向島3-6-2
最寄駅:東武スカイツリーライン「東向島」駅より徒歩10分
類型:介護付有料老人ホーム
運営主体:株式会社エスケアメイト
敷地面積:1040.74平方メートル
延床面積:2010.83平方メートル
室数:50室
入居要件:自立または要介護認定者(要支援1から2、要介護1から5)
構造:鉄骨造、地上3階建
開設年月日:2016年9月1日
料金:入居一時金0円、月額利用料25万8100円
月額利用料内訳は家賃14万6500円、食費6万600円、管理費(施設維持費、共用部消耗品費、水道光熱費)5万1000円

撮影/津野貴生

→この記事の前編を読む

【このシリーズのバックナンバー】
●最新の介護ICT/IoTシステムを導入した介護付有料老人ホーム<前編>
●最新の介護ICT/IoTシステムを導入した介護付有料老人ホーム<後編>
●各種専門職のそろった介護付有料老人ホーム<前編>
●各種専門職のそろった介護付有料老人ホーム<後編>
●睡眠と食、生活の継続性にこだわった介護付有料老人ホーム<前編>
●睡眠と食、生活の継続性にこだわった介護付有料老人ホーム<後編>
●地域に密着した「日常感覚」の介護付有料老人ホーム<前編>
●地域に密着した「日常感覚」の介護付有料老人ホーム<後編>

→このシリーズのその他の記事を読む

この記事が役に立ったらシェアしよう

  • facebook
  • twitter
  • google
  • b

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。