2017.09.04 |ヘルス   

【週刊脳トレ】部首を思い出して「空間認識」を鍛える!「共通一字」

 思い出したいことがあるけど思い出せない、考え事がまとまらないなど、頭の働きが鈍ってきたと感じたら『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)にチャレンジしてみましょう。遊び感覚で脳の機能を鍛え直してくれます。

 * * *

 脳を使うと何が起こるのでしょう? 考えたり記憶したりといったことを行うと、脳への血流が増加するのです。その結果、脳の神経細胞間では情報の流れがスムーズになり、機能が改善してきます。

 今日は「共通一字テスト」をやってみます。

 漢字の部首を思い出しながら解きます。この脳トレでは、脳の頭頂連合野、側頭連合野という部位が働き、物体の形や方向を認識する「空間認識」機能の強化に役立ちます。

 認知症の予防やMCI(軽度認知障害)の改善のため、脳トレにチャレンジしてみましょう。

脳トレのページへ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。