2017.09.04 |   

話題の「酢納豆」作り方と健康効果さらにUPする方法とは?

 NHK『ガッテン!』で、納豆1パックにしょうゆではなく、お酢ひとさじを足す食べ方が「納豆の新ワザ」として紹介され、以来、人気が広がっている。

1733_su_nattto_01_800px

酢納豆の効果が話題に

納豆1パックに小さじ1杯の酢を加えるのが基本

 その「酢納豆」は、納豆1パックに小さじ1杯程度の酢を加え、箸などでかき混ぜるのが基本的な作り方。

 さらに“ちょい足し”することで、より健康効果が高まる食べ方もある。日本薬科大学学長の丁胸鐵先生はこう解説する。

頻尿、尿もれには「やまかけ酢納豆」

「朝食では、体を動かすのに必要なたんぱく質をたっぷり摂るために、卵を入れることをおすすめします。酢納豆に卵を入れてかき混ぜ、しばらく置いてから食べると、納豆菌が卵のたんぱく質を分解してくれるので吸収しやすくなる。

 夜に食べるなら、薄く切った生の玉ねぎを入れてください。生の玉ねぎには睡眠誘発作用があるので、寝つきがよくなります。

 また、頻尿や尿もれに悩んでいる人なら『山かけ酢納豆』もいいですよ。

 山いもに含まれているムチンという成分が、腎機能の向上を助けてくれるんです」

三浦雄一郎さんのお気に入りは「さば卵酢納豆」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。