2017.09.20 |暮らし   

合計年齢375才!「快速四兄弟」に学ぶスーパー高齢者への道

 長く生きていれば、健やかにいられない時もあるし、大切な人との別れも経験する。それでも何か1つ、一生懸命になれるものがあれば、目の前の苦境を乗り越えられるのかもしれない。

 福井県鯖江市には、そんな苦境を力を合わせて乗り越えてきた四兄弟がいる。四人が打ち込んできたことは走ること。人呼んで、「快速四兄弟」だ。

1735_ohmori_bros_04

6月の体育大会での一コマ。兄弟仲よしの秘訣は、その“距離感”にある

4人揃って走れるのは、なんて幸せなこと

 長男・大森良一さんは100才、次男・大森栄一さんは97才、四男・白崎栄さんは90才、五男・大森良作さんは88才。合計年齢は実に、375才だ。

「4人揃って走れるのは、なんて幸せないいことやなと思ったわね。これがいちばんやね」(良一さん)

 そんな兄のつぶやきに、栄一さんが「みなスポーツマンやけんの」と笑いながら返す。

「おれは走るのが好きじゃない」とうそぶく栄さんも、その後をこう続ける。「でも兄弟が走るとなったら、よしおれも走るわい。病気なんて放ったらかしじゃ(笑い)」

 激動の時代を離ればなれで生き抜いた4人にとっては、「兄弟みんなで一緒に走る」ことがこれ以上ない幸せなのだ。いくつになっても走れることが生きるためのモチベーションになる。

大会2か月前から週1のトレーニング

 彼らの名が一気に広まったのは、今年6月に鯖江市内で開かれた『河和田地区民体育大会』がきっかけだった。4人合わせて375才というスーパー高齢者だけに、体育大会前の入念な練習は欠かせなかった。良作さんがしみじみと言う。

「急に走ったらあかんでの。走る前は体を慣らすために練習します。気をつけることはまず転ばないこと。あまり無理せず、一気に走らないで軽く練習しながら、体を慣らしていかなあかん」

 地区体育協会福会長・八木実さんは、マスターズ短距離(60m)の65~70才部門の日本記録を持つ。八木さんが4人の臨時コーチとなり、大会2か月前から週1度のトレーニングを繰り返した。

「高齢者がいきなり走ってコケたら、寝たきりになることもあります。だからまず、できるだけ高く足を上げて転ばないようにする練習をしました。一人ひとりフォームが違うので、歩きながら足やひざを上げることから始めました」(八木さん)

 走り方には個性が表れる。良一さんは慎重にペースを崩さず、栄一さんは真面目に自分で自分を管理する。頑張り屋さんでやると決めたらやるが、やらんとなったらテコでも動かない栄さんに、『やんしき踊り』の経験から自分の魅せかたを知っている良作さん。

「兄弟で走る」という情熱と個性、入念なトレーニングが絡み合い、鯖江名物の「快速四兄弟」が生まれたのだ。

いつまでも兄弟仲良くできる秘訣とは

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。