2017.09.29 |暮らし

84才、一人暮らし。ああ、快適なり<第5回 通院の帰り道>

 日本のジャーナリズムや文化に大きな影響を与え続けた雑誌『話の特集』。1965年の創刊から、その後30年にわたり編集長を務めた矢崎泰久氏は、雑誌のみならず、映画、テレビ、ラジオのプロデューサーとしても手腕を発揮、世に問題を提起し続ける伝説の人でもある。

 齢、84。歳を重ねてなお、そのスピリッツは健在。執筆、講演活動を精力的に続けている。ここ数年は、自ら望み、一人で暮らしている。そのライフスタイル、人生観などを矢崎氏に寄稿していただき、シリーズ連載でお伝えする。

 今回のテーマは、「通院の帰り道」。

 悠々自適独居生活の極意ここにあり。 

image2

病院からの帰り道では、思わぬ発見があるという

* * *

人間ドックで糖尿病の宣告を受けた

 うんと昔の事だけど、50代の働き盛りの頃、不摂生の限りをつくしていた仲間たちが、団体で「人間ドック」に入った。

 ひとつには、当時、ジャズピアニストの八木正生さんと、イラストレーターの山下勇三さんが急死されたことに不安を感じたのかも知れない。

 一泊二日の精密検査を受け、一週間後に結果が出た。何と9人中私だけが別室に呼ばれ、糖尿病の宣告を受けた。ショックだったが、心当たりがあった。

 73歳で他界した母は、糖尿病が原因の心不全で亡くなっていた。遺伝に違いない。

 で、直ちにその病院に毎月通う事になった。

 通算すると、20数年通ったことになるのだが、どんどん血糖値が悪くなり、インシュリン注射の単位もどんどん上がって、このままでは人口透析寸前ということになった。

 ここで初めて、医者に疑いを持った。

 血液検査が終わると、血圧を計るとき以外は、コンピューターの画面しか見ない。のべつ薬が変わるだけでなく、量も増える。私は決心して、他の糖尿医を探しはじめた。そして、やっと辿り着いたのが、現在通院している荻窪の『城西病院』だった。つい3年程前のことだ。

病院を変えたら、回復の兆し。通院が楽しくなった

 ここの院長さんは日本の糖尿学会の権威でもある笠原督氏だ。まず一週間入院し、徹底的に検査してもらった挙句、改良点が沢山見つかり、翌月から通院することになった。

 すると、少しずつ血糖値は下がり始め、インシュリンの単位も減少。悪玉コレステロール、血圧も下がり、心臓も正常に回復したのだった。時間をかけた問診、症状についての会話、食生活の改良なども行われ、不治の病が回復段階に入ったのである。

 こうなると、嫌でならなかった通院が楽しくなり、仕事場も病院の近所に移した。

 城西病院は環状八号線沿いの四面道にあって、JR荻窪駅から徒歩10分ほど。診察が終わると帰りのルートをいろいろと探索するようになった。それが面白かった。万歩計の数字も知らない間にカウントされる。

 JRによって南北に分かれている荻窪の商店街はそれぞれ奥深い上に、様々な名店が揃っていた。10数軒もあるラーメン屋、日本蕎麦屋が凌ぎを削っている。昔からある喫煙できる珈琲店も多い。とにかく目移りするほどの料理店や居酒屋が沢山あるのだ。

 もちろん必要品は何でも手に入る街でもある。どこでもある『アトレ』という名の駅ビルにしても、他とは違う趣があった。ブラブラしているとアッという間に時間が経つ。金融機関や役所の出張所も、全部、駅近にあるので便利この上ないのだ。

荻窪で見つけた”目からウロコ”のパン

この記事が役に立ったらシェアしよう

  • facebook
  • twitter
  • google
  • b

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントに関しては、削除させていただきます。ご了承ください。