2017.10.13 |暮らし    5

84才、一人暮らし。ああ、快適なり<第6回 好色のすすめ>

 才能溢れる文化人、著名人を次々と起用し、ジャーナリズム界に旋風を巻き起こした雑誌『話の特集』。この雑誌の編集長を、創刊から30年にわたり務めた矢崎泰久氏は、雑誌のみならず、映画、テレビ、ラジオのプロデューサーとしても手腕を発揮、世に問題を提起し続ける伝説の人でもある。

 齢、84。歳を重ねてなお、そのスピリッツは健在。執筆、講演活動を精力的に続けている。ここ数年は、自ら望み、一人で暮らしている。そのライフスタイル、人生観などを矢崎氏に寄稿していただき、シリーズ連載でお伝えする。

 今回のテーマは、「好色のすすめ」。

 悠々自適独居生活の極意ここにあり。 

image4

1日2回、テレビ体操を楽しむ

 * * *

祖母は103才、叔父は106才まで元気に生きた

 何と言っても、今、一番心配しているのは、自分が長生きするのではないかということである。つまり、とてつもない長生きをしてしまったらどうしようと不安でならない。

 現在は、体内時計も何とか時々故障することはあっても動いてい る。それでも、少しずつ衰えてはきているように思うのだが、どこかでうまくストップできないものか。

 というのも、私の母方の祖母は103才、父方の叔父は106才まで 元気に生き延びたのである。大したものだが、この実例が重くのしかかる。

 祖母のテツは昭和天皇が亡くなった時、そのニュースをテレビで観ながら、「わたしは三代もの天皇の死を体験した。今度で最後にしたい」と 、宣告して、その日から絶食を始めた。そして、7日目に老衰で死んでしまった。いくら止めても、水以外は口にしなかったのである 。それでも毎日、新聞とテレビは熱心に観ていた。実にアッパレだった。 

叔父・物集高量の話

 叔父の物集髙量(もづめたかかず)は、私の父親の義兄だったが、 幼い頃に患った小児麻痺が原因で、右足が不自由だった。そのため 日清、日露の戦争にも徴用されず、大学教授、新聞記者を経て物書きになり106才まで生きた。

 とは言え、父親(物集高見)が帝国大学教授の頃に編んだ『群書索引』という学術書(日本の古代から現代に至るまでの、あらゆる文書の解説付索引書)が、日本中の学校、図書館、役所に収められて大富豪になった。それを元手にして、息子は放蕩無頼の人生を送ったのである。

 酒はほとんど飲まなかったが、女遊びとギャンブルは半端じゃな かった。湯水の如く財産を使った挙句に、スッテンテンになり、第一回東京朝日新聞の懸賞小説に応募。初めて書いた小説『罪の命』が受賞 。何と賞金500円を獲得した。明治時代の500円は現在の5000万円くらいの価値だったらしい。

 再び常軌を逸する遊びに現(うつつ)を抜かし、約束の第二作が執筆出来ないことから、5年目に朝日新聞の文芸部の社員になった。つまり見るに見かねて、またまたスッテンテンになった物集髙量を社員にしたわけだ。

 その頃、夏目漱石、森鴎外、室生犀星などの原稿取りをやって、文士たちにも大いに可愛がられたらしい。囲碁、将棋、麻雀の好きな後輩の菊池寛とは親友になり、日本の競馬を創設するのに尽力している。

 女房の八重(イトコ同士で私の父の姉)も賭博(ばくち)大好き人間ときているから、関東大震災の朝は警視庁の”ブタ箱”に夫婦で入っていて、釈放されたとたんに、日比谷公園『松本楼(まつもとろう)』で食事中に大地震に見舞われている。

新婚だった私の身に起きた事件

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  5

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. せうび より:

    ひどい…。
    妻がそんな目にあって、夫は何をしていたの?奥さまの心の傷は相当に深かったはずです…。
    本当にひど過ぎる…。

    5+

  2. イチロウ より:

    >好色のすすめ

     そんな女性蔑視の勧め何て要らないよ! 介護士、看護師への偏見も。

    私が聞くのなら、愛猫の勧め、だ。 ただし、猫でも同意無しに触ったり、撫でたりは禁物で、況や、同意無しに抱き上げるのは絶対に禁物。 我が家の猫ならそんな無神経な輩には、鉄爪の制裁を加えるだろう。 

    3+

  3. 実体験の話をするひと より:

    私が10代も前半の頃から、セクハラしてくる老人はいた。
    着替えを覗く、さりげなく体を触りたがる、卑猥な冗談を言ってこちらが困ると喜ぶ。
    もちろんしないひともそれ以上に沢山いたが、老人だから仕方ないよねぇと周りの大人も守ってくれない、黙認する雰囲気だった。

    若い頃大人に性的に侮辱され、10年以上たってもどのぐらい深い黒い気持ちを相手に抱え続けてるか知れば、このような事は決して書けないと思う。
    恥を知ってほしい。

    5+

  4. セクハラは駄目です! より:

    106歳で亡くなる朝まで女性のお尻を撫でですって、こんな迷惑な人が長生きするとは。若死にしといてほしかった。今までは男が甘やかされ我侭が許されることが多かった世の中だったけど現代はセクハラが許されない世の中になってきた、ありがたいことに。

    12+

  5. 老人 より:

    好いね。
    悠々暮らしは。
    世間様は厳しいが。
    互いに確認したい。
    歳寄りも好い者だ。

    2+