2017.10.13 |

「かぼちゃのいとこ煮」のレシピ動画 【介護食】【やわらか食】

レシピ提供/『Kamulier』 動画撮影/櫻井健司

なめらか餡がかぼちゃの甘さを引き立てる

 秋の味覚、かぼちゃを使ったレシピを提案。

 ほっくりしたかぼちゃは、とろみをつけたあんとあわせて、飲み込みやすく。旬の食材を使って彩りよく仕上げれば、食欲もわいてくるはず。そんな介護食を提案する『Kamulier』では、季節ごとのメニューを管理栄養士が提案する料理教室や、ワークショップを毎月開催しています。

 今回のメニューは、『かぼちゃのいとこ煮』。

 秋が旬のかぼちゃでしっかり栄養補給を。

 * * *

材料(2人分)

かぼちゃ材料写真

かぼちゃ(正味) 130g
水 200g
砂糖 20g
みりん 10g
醤油 5g
ねりあん 40g
かぼちゃの煮汁 40g
片栗粉 2g
水 15g

作り方

【1】かぼちゃは皮と種を除き、1㎝角に切る。
【2】鍋に水と砂糖を入れ、やわらかくなるまで弱火で煮込む。
【3】かぼちゃがやわらかくなったら、醤油、みりんを入れ、5~10分弱火で煮る。
【4】かぼちゃの煮汁を取り分ける。
【5】別の鍋に煮汁40gとねりあんを入れて火にかけて温める。
【6】水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。

仕上げ・盛り付け

 器にかぼちゃを盛り、あんをかける。

ポイント

 食べる前に、あんとかぼちゃをよく絡めて。あんのとろみで、かぼちゃがより飲み込みやすくなる。

【エネルギー】138kcal 【たんぱく質】2.4g 【脂質】0.2g 【塩分】0.4g
※栄養成分は1人分です。

【介護食の作り方をわかりやすい動画でご紹介!この連載のバックナンバーをみる】

●鮭の旨味とクリーミーな食感がやみつきに!「サーモンのテリーヌ」

●とろーり黒蜜きな粉を贅沢に!「やわらか信玄餅」

●つるんとした豆腐に梅の酸味がマッチ!「葛豆腐の梅あんかけ」

●大根が驚きのやわらかさに変身!「冷たいふろふき大値」

●とろみのあるチリソースとやわらかいエビ!「エビチリ」

●みんな大好きなソース味!「お好み焼き」

 次回(2017年11月3日公開予定)の動画レシピは「ほうれん草とツナのごまサラダ」予定です。

Kamulier』で開催される料理教室は、どなたでも参加ができます。

 料理教室10月のスケジュールは、17(火)、26(木)。「かぼちゃタルト」「切り干し大根入り芋まんじゅう」などの献立を予定しています。

参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。
詳しくはhttps://kamulier.securesite.jp/workshop/index.php

Kamulier(カムリエ)』は東京・御茶ノ水駅近く、順天堂大学医学部附属順天堂医院裏手にあります。店舗は、スーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が介護食向けに考案したケーキなどが味わえるカフェとして(ケーキはテイクアウトや地方発送もあり)利用できる他、介護の「食べること」に関わる商品の販売があり、管理栄養士や歯科衛生士など常駐する専門家から、アドバイスも受けられます。

【データ】
Kamulier(カムリエ)
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
ウェブサイト:http://www.kamulier-gc.jp

【関連記事】

●嚥下食つまみにとろみ付きのお酒!スナックで介護って?【潜入ルポ】

この記事が役に立ったらシェアしよう

  • facebook
  • twitter
  • google
  • b