2017.11.06 |ヘルス   

【週刊脳トレ】空間認識とワーキングメモリを鍛える「隠し四字熟語」

 作業をするときに、手順を間違ったり迷ったりといったことが年齢とともに多くなります。脳の活性化のために「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)はいかがでしょう? 思考や記憶の良い鍛錬になりますし、認知症の予防やMCI(軽度認知障害)の改善にも役立ちます。

  * * *

 脳には情報のやり取りを頻繁に行っている神経細胞があります。脳を働かせることで血流は増加してその結果、神経細胞間の情報の伝達は円滑になってきます。こうしたことが繰り返されることで、脳は元気を取り戻していくのです。

 今回は「隠し四字熟語」という脳トレをやってみましょう。「ワーキングメモリ」と「空間認識」という脳の機能を使います。ワーキングメモリとは、ある情報を短時間に保持しながら、同時に別のことを行うために必要な機能。空間認識は、物体の形や方向を把握する機能です。

 それでは早速、脳トレに挑戦!

脳トレのページへ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。