2017.11.14 |ヘルス   

認知症予防、MCIの改善に今すぐ実践したい!「空間認識」を鍛える【脳トレ】7選 

 うっかりミスが増えたり、予定を忘れてしまったり、以前より注意が散漫になったり…そんな心あたりがある人は、【脳トレ】をやってみましょう。

 脳の活性化のために「脳トレ」は、思考や記憶の良い鍛錬になり、認知症の予防やMCI(軽度認知障害)の改善にも役立ちます!

 認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修の【週刊脳トレ】がおすすめ!

認知症の予防、MCI(軽度認知障害)の改善に!「空間認識」を鍛える【脳トレ】まとめ

 * * *

midasi_matome

「隠し四字熟語」

「ワーキングメモリ」と「空間認識」という脳の機能を使います。

55_Q1

詳細はこちら→【週刊脳トレ】空間認識とワーキングメモリを鍛える「隠し四字熟語」

* * *

「サイコロ裏目計算」

 外部から得られた情報をまとめて答えを出すための「統合機能」と、考える力である「思考力」を鍛えます。

54_Q1

詳細はこちら→【週刊脳トレ】統合機能と思考力のトレーニング「サイコロ裏目計算」

 * * *

「なぞなぞ漢字」

 角度などを判別する「空間認識」、「推理力」のトレーニングになります。

53_Q1

詳細はこちら→【週刊脳トレ】空間認識と推理力の向上に「なぞなぞ漢字」

* * *

「間違い探し」

「注意力」と「空間認識」の機能を高める「間違い探し」。空間認識は、視覚から得た物体の形や方向、大きさなどを把握するために大切な機能です。

52base01

詳細はこちら→【週刊脳トレ】注意力と空間認識機能がアップ!「間違い探し」

* * *

「組み合わせ選び」

「空間認識」、「類推力」、「統合機能」を鍛えます。

「空間認識」とは、物体の形や位置関係などを把握する能力で、「類推力」は、どんな結果が導き出されるかを考える力、「統合機能」は、知識や記憶などを取りまとめます。

50_Q1

詳細はこちら→【週刊脳トレ】「空間認識」などの機能が鍛えられる!「組み合わせ選び」

* * *

「同じものを探せ!」

 「空間認識」と「遂行力」の2つの機能を鍛えます。

 物事を覚えたり考えたりすると、血液が脳へ運ばれやすくなります。血液は酸素や栄養素を送り込む役割を持っており、血流がよくなると脳の神経細胞の働きも改善してくるのです。

47_q1

詳細はこちら→【週刊脳トレ】空間認識と遂行力を鍛えよう! 「同じものを探せ!」

* * *

「線たどり」

「視覚認知機能」と「空間認知機能」と注意力を鍛えます。

「視覚認知機能」は、目で見たものが文字か図形かといったことを判別します。「空間認知機能」は、物体の形や向き、大きさなどを把握するために使われる機能です。

34_Q1

詳細はこちら→【週刊脳トレ】視覚による空間認識の力を鍛える「線たどり」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。