2017.11.20 |ヘルス   

【週刊脳トレ】認知症予防に役立つ「やる気」を向上させる「迷路」

 脳は使ってあげると元気になるのですが、そんな機会がなかなかないという人には「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)がオススメ!

 手の空いた時間でできて、効果的なトレーニングです。

 * * *

 脳を働かせないと、酸素や栄養を運ぶ血液の流れまで悪くなってきます。すると、脳で情報をやりとりしている神経細胞が十分に機能しなくなってきてしまうのです。脳の活性化のために、今回は「迷路」に挑戦しましょう。

 これは脳の「実行機能」と「探索機能」の訓練に適しています。

 実行機能とは、文字通り何事かを行おうとするときに働くもので、「やる気」と考えてもいいでしょう。「探索機能」は試行錯誤しながら、解決法を探るために働きます。

 脳トレは認知症の予防や、MCI(軽度認知障害)の改善にも適していますから、間違いを恐れずどんどんやりましょう!

迷路に挑戦

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。