2017.12.11 |ヘルス   

【週刊脳トレ】認知症予防に空間認識機能アップ「上から見ると」

 年齢とともに脳のさまざまな機能は衰えていきます。いつまでも元気な頭脳を保つために『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)はいかがでしょう? 家事や仕事の合間にもできる手軽なトレーニングです。

 * * *

 それでは「上から見ると」という脳トレをやってみましょう。

 図形を別の角度で見たらどうなるかという問題です。脳の「空間認識」という、物体の形や方向、角度などを把握する機能に関係します。

 思考や記憶などの作業は脳への血流を改善し、神経細胞間の情報の行き来が順調になり、脳の活性化を促します。

 認知症予防やMCI(軽度認知障害)改善のために、脳トレをお役立てください。

脳トレに挑戦!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。