2017.05.24 |暮らし   

災害の危険、高いエリアの神社、低いエリアの神社

大阪・上町台地(あべのハルカス展望台より)

大阪・上町台地(あべのハルカス展望台より)

 古代の人々はどのような場所に社を築いたのか。それを考えることで、どのような場所を神聖なものと見ていたのかがわかるかもしれない。立命館大学歴史都市防災研究所の青柳憲昌先生(同大理工学部講師)による土曜講座「歴史文化都市の防災と建築史学」は、大阪における「式内社(しきないしゃ)」の立地と災害の危険性の関係についての興味深い講座だった。

大阪府の式内社は古墳の分布と一致

 青柳先生によれば、大阪府には178もの式内社があるという。式内社というのは、平安時代にまとめられた『延喜式』に記載された官社のこと。その式内社は、先史時代の集落や古墳の分布とよく一致する。そのことは平坦地に立地するものが多いことを示している。

 平坦地以外、たとえば山地なら、谷筋ではなく尾根筋に立地するケースが7割を占める。水辺なら、直線になった河川沿いなど、災害の危険性が比較的低い土地に立地するケースが過半を占めるとのこと。たとえば、住吉大社も上町台地という高台に建てられた神社なのだ。さらに、大和川が付け替えられる前の旧大和川の自然堤防の上に築かれたものが多いという。

 大阪は、江戸時代に「八百八橋」と呼ばれるほどの水都だった(実際には808も橋はなかったらしいが、それくらい川が縦横に流れていたということのたとえだろう)。

 立地を知れば神社がもっと身近に

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。