2017.04.25   

半年かけて火星に着く宇宙飛行士の筋トレ時間は?

 昨年秋、アメリカのスペースX社創設者イーロン・マスク氏は、火星移住計画を発表した。それによれば100年以内に火星には、地球人100万人が暮らすコロニー(入植地)ができるかもしれないという。アポロ11号が史上初めて月面に着陸したのは、半世紀前の1969年の7月21日のこと。わずか1世紀で果たしてそのような未来が到来するのかどうかはともかく、そのためには乗り越えなければならない課題がある。宇宙環境が人体に与える影響である。

アンドレア・ハンソン博士

火星への旅は片道6か月

 2017年3月、同志社大学京田辺キャンパスで行われたシンポジウム「語ろう! 宇宙への夢 月・火星への挑戦」は、「宇宙環境への人体の適応機序解明と地球上の健康増進を目指して」という長い副題のとおり、まさに宇宙環境が人体に与える影響とそれに適応する機序(メカニズム)について討論する場となった。

 シンポジウムの基調講演を行ったのは、NASA(アメリカ航空宇宙局)ジョンソン・スペースセンターのアンドレア・ハンソン博士(Dr.Andrea Hanson)。NASAが2030年代に火星での有人探査を実現する、と宣言している今、人が宇宙へ行くということは、現実的にどのような影響を人体に与えるのだろうか。

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)のホームページを見ると、「宇宙環境」について、「微小重力、高真空、良好な視野、宇宙放射線などの地上では容易に得ることのできない特徴」があるとしている。この「宇宙環境」は人体には後に述べるさまざまな悪影響を与えるが、得難い実験場でもある。

 たとえば、たんぱく質のきれいな結晶を作ることは、重力の影響を受ける地上では難しいのだが、微小重力の宇宙では品質の高い結晶を作ることができる。このように、宇宙環境は、新しい素材の開発や薬の研究などにうってつけの環境なのだ。

 しかし、人間がこの環境(微小重力、高真空、良好な視野、宇宙放射線)にさらされると、人体にさまざまな悪影響が出る。それは具体的には、筋肉量や骨密度、心肺機能の低下といった問題であり、宇宙滞在が長期になればなるほど影響は深刻となる。

 その影響を最小限にとどめるため、たとえば火星に行くとするならば、いまNASAは、往路6か月、復路6か月、火星での滞在は1年、という計約2年の行程を想定している。

 出迎える人のいない火星に到着する宇宙飛行士

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。